数学分野コンテンツ形成に関する記録

<< トラックバックスパムについて | main | RIMS研究集会「紀要の電子化と周辺の話題」 >>

RIMS研究集会「紀要の電子化と周辺の話題」

日時: 2007年9月10日から9月11日まで (2日間)
場所: 京都大学数理解析研究所 1階115号室(京都市左京区北白川追分町)
京都駅から市バス17系統 京大農学部前 下車

プログラム
9月10日
14:00-15:00 戸瀬信之(慶應経済)
「インターネット上の講演アーカイブの形成---日本数学会と慶應義塾21世紀COE「統合数理科学」の場合」

15:00-16:00 麻生和彦(東大数理)
「数学関連ビデオアーカイブスの今後の展開 --- 東大数理の新たなる試み」

16:00-16:30 片岡俊幸(国立情報学研究所), 曽根原登(国立情報学研究所), 行木孝夫 (北大理), 山地一禎(国立情報学研究所)
「PDFのタイムスタンプ認証とプレプリントサーバ、電子ジャーナル」

16:30-17:00(S.C.)

9月11日
9:30-10:20 行木孝夫 (北大理)
「国内発行数学ジャーナルの分野別シェア分析」

10:30-11:20 村上祐子 (国立情報学研究所)
「機関リポジトリでの紀要電子化:メリットとデメリット」

13:00-13:50 芳鐘冬樹(大学評価・学位授与機構)
「共著ネットワーク分析について」(仮題)

14:00-14:50 鈴木昌和(九大数理)
「NPO法人によるジャーナルの電子化について」

15:00-15:50 谷藤幹子(物質・材料研究機構)
「材料科学におけるジャーナル出版からセマンテイックWeb実践まで」

16:00-16:50 永井裕子(日本動物学会)
「Zoological Scienceの公開方針」(仮題)

17:00-17:30(S.C.)

旅費の補助が必要な方は研究代表者nami@math.sci.hokudai.ac.jpまで御相談下さい
会場アクセス
研究集会 | - | -