研究概要

私たちの研究室では、陸上植物を材料に、遺伝学・分子生物学などの手法を用いて生物がどのように生きているかを研究しています。生物学の究極の目的は人を知ることであるとしばしば言われます。しかし動物の生命を支えているのは植物です。動物と植物には色々な共通点がある反面、遙か昔から、異なった生存戦略も発達させてきています。当たり前に見過ごしてしまう植物がどの様にして生きているのか、その秘密の一端を知るのも魅力あることだと思います。植物を材料としていますが、植物・動物に関わらない生物全体に関係する生命現象を解析できればと考えています。興味のある方はE-mail等で連絡して下さい。研究室への来訪など歓迎致します。

トピックス

一覧へ
4年生2名が卒業研究ポスター発表会で発表しました。(2019年2月1日)
鳥取大学で行われた共同研究成果発表会で発表しました。(2018年12月1日)
共同研究の論文がFront. Genet.に掲載されました。(2018年11月14日)
日本遺伝学会第90回大会で発表しました。(2018年9月19日)
博士課程の学生のピックさんが神戸大学で行われたSecond Interdisciplinary and Research Alumni Symposium iJaDe2018で発表しました。(2018年9月3日)
フランスINRAに滞在して共同研究を行いました。(2018年7月16日)
野沢君が三島海雲記念財団から、第55回学術研究奨励金を授与しました。(2018年7月6日)
釧路湖陵高校の学生が北海道大学研修で研究室を訪問しました。(2018年7月3日)

フォトギャラリー

2019年ラボスキーinルスツリゾート

イベントの様子

  • 今年のラボスキーは昨年に続き、ルスツリゾートにいってきました。初日は風が冷たかったですが、2日目は朝から快晴。スノーボード初挑戦の2名も頑張って滑れるようになりました!2019.2.17-18
  • 2018年の夏のラボ旅行はニセコに行ってきました。宿泊はニセコノーザンリゾート・アンヌプリ。隣山のヒルトンニセコビレッジでアウトドアを楽しみました。2018.8.31
  • 釧路湖陵高校の学生が北海道大学研修で研究室訪問しました。