お知らせ

ニュース

生殖発生学講座の准教授・黒岩麻里先生の新刊本(3月7日発行)

 生殖発生学講座の准教授・黒岩麻里先生が本を執筆されました。
 「消えゆくY染色体と男たちの運命ーオトコの生物学」(学研メディカル秀潤社)
 黒岩先生からのコメントです。
 「高校生から中高年の男性(女性も歓迎)読者を対象に、Y染色体をはじめとする『オトコの生物学』の本を書きました。タイトルはうさんくさい(?)ですが、文献を引用した真面目な生物学の本です。専門知識がない方にも理解できるように書いているため、これから生物学を学びたい、興味を持っているという方におすすめです」
 
 
book_Kuroiwa.jpg
 
 こちらは出版社の紹介文です。
 退化して滅ぶか?あらたな進化か?それとも……Y染色体が消えつつあるオトコがいま存続をかけて究極の選択を迫られている.本書は遺伝子の組換え,欠失など高校生物で習う生命現象がふんだんに盛り込まれているため,生物学の入門書としても最適.
 
 
 
 
 

前の記事:
次の記事: