お知らせ

ニュース

環境ストレスと進化の関係をはじめて実証: 助教 伊藤秀臣(ひでたか)先生

形態機能学講座 助教 伊藤秀臣(ひでたか)先生らは、環境の変化に応じて植物のゲノム構造が変化し、植物が進化しうるしくみを解明し、世界の科学トップジャーナルNatureのオンライン版にその成果を発表いたしました(Nature オンライン版 3月13日号)。

 今回発見されたトランスポゾンは高温により活性化することから 'ONSEN'と名付けられました。植物が高温ストレスに曝されるとONSENなるトランスポゾンが活性化し、ゲノム構造を改変することにより子々孫々の遺伝子発現を変化させます。このような変化により高温ストレスに新しく耐性をもつ植物が生み出されることがわかりました。

ONSEN.jpg

 日本語の解説記事は、110314_pr_sci_ds.pdf(236KB)よりご覧いただけます。また同様の解説記事は北海道大学のトップページからもご覧頂けます。お楽しみください。

前の記事:高校生のための『超』教養講座・「花粉症は人の進化と・・・」栃内新先生が出演
次の記事:「環境ストレスと進化」 伊藤秀臣先生のインタビューが北海道新聞に掲載され ました