堀口健雄 教授 / HORIGUCHI, Takeo

原生生物の多様性と進化を探る

堀口健雄 教授 /  HORIGUCHI, Takeo

研究分野・テーマ・内容

研究分野 藻類・原生生物分類学
研究テーマ 藻類や原生生物の多様性や系統の解明

研究内容

私たちの研究室ではいろいろな藻類や原生生物を扱っていますが、現在は特に渦鞭毛藻類という単細胞生物を主な研究対象としています。様々な環境には未知の原生生物が数多く存在します。私たちは、淡水から海水まで様々な環境に生育するこのような生物を発見し、光学・電子顕微鏡、遺伝子解析などをおこなって詳細に調べ、記載し、系統関係(進化過程)を解明することを目的として研究をおこなっています。今までに、淡水産渦鞭毛藻類、従属栄養性渦鞭毛藻類、寄生性渦鞭毛藻類の研究などで成果を挙げています。また、細胞レベルの進化、すなわち葉緑体や眼点の進化についても細胞内共生現象との関連から調べています。

藻類・原生生物分類学の関連画像

藻類・原生生物分類学の関連画像

メッセージ

藻類・原生生物の世界は実に多様です。そしてその多様性は未だに充分に解明されたとは言えないのが現状です。調査船での外洋航海、熱帯の珊瑚礁、山奥の湖、近くの港等々いろいろなフィールドに自ら出かけ、まだ誰も見つけたことのない新種を発見する。それだけでも楽しいことですが、それらの生物を詳しく調べて、進化のシナリオを明らかにすることはさらに興味深い研究テーマです。また、藻類や原生生物は、葉緑体の進化といった細胞レベルの進化を探る上でも貴重な研究材料です。私たちは藻類や原生生物の面白さを多くの人たちに伝えたいと思っています。興味のある方は。是非一度研究室を覗きに来てください。

参考文献・論文・著書

  • ・堀口健雄:寄生性ウズベン学事始め (長澤和也(編)フィールドの寄生虫学 水族寄生虫学の最前線) 東海大学出版会,秦野市(2004)
  • ・堀口健雄:葉緑体進化のダイナミズム 日経サイエンス 2008年1月号 88-98.

nameHORIGUCHI Takeo

Research subject

Specialized field

Systematics of protists and algae, with special reference to dinoflagellates.

Key words

・taxonomy
・molecular phylogeny
・ultrastructure
・light microscopy
・marine benthic dinoflagellates
・tide pool dinoflagellates
・heterotrophic marine planktonic dinoflagellates
・freshwater dinoflagellates
・parasitic dinoflagellates
・endosymbioses
・dinotoms
・soil flagellates
・kleptochloroplast
・raphidophytes

Research subject

The aim of our research is to understand biodiversity and evolution of micro-organisms, especially the dinoflagellates – although we also work on other groups of flagellates, such as raphidophytes. Our research projects include,

(1) Taxonomy and phylogeny of benthic marine dinoflagellates.

(2) Taxonomy and phylogeny of tide pool dinoflagellates.

(3) Taxonomy and phylogeny of freshwater dinoflagellates.

(4) Taxonomy and phylogeny of marine parasitic dinoflagellates. (cooperative project with Prof. Susumu Ohtsuka of Hiroshima University)

(5) Molecular phylogenetic study of the genus Protoperidinium(Dinophyceae).

(6) Taxonomy and phylogeny of soil flagellates.

(7) Diversity and evolution of dinoflagellates with a diatom endosymbiont (= dinotoms).

(8) Diversity and evolution of dinoflagellates with kleptochloroplast.

message

Let’s explore the world of dinoflagellates together. Those of you who are interested in our projects, please feel free to contact me by e-mail (horig@mail.sci.hokudai.ac.jp).

references

  • Takeo Horiguchi, Yusuke Hayashi, Hajime Kudo and Yoshiaki Hara: A new benthic dinoflagellate Spiniferodinium palauense sp. nov. (Dinophyceae) from Palau. Phycologia (2011) (in press)
  • Y. Takano, G. Hansen, D. Fujita and T. Horiguchi: Serial replacement of diatom endosymbionts in two freshwater dinoflagellates,Peridiniopsis spp. (Peridiniales, Dinophyceae) Phycologia 47: 41-53. (2008)
  • A. Harada, S. Ohtuska and T. Horiguchi: Species of the parasitic genus Duboscquella are members of the enigmatic Marine Alveolate Group I. Protist 158: 337-347. (2007)
  • A. Yamaguchi, H. Kawamura and T. Horiguchi: Further molecular phylogenetic study of heterotrophic dinoflagellate genus,Protoperidinium based on SSU and LSU ribosomal RNA gene sequences. Phycol. Res. 54: 317-329. (2006)
  • T. Horiguchi: Algae and their chloroplasts: with particular reference to dinoflagellates. Paleont. Res. 10:299-309. (2006)