伊佐田智規 助教 / ISADA, Tomonori

大きな海の小さな植物追いかけて

伊佐田智規 助教 /  ISADA, Tomonori

研究分野・テーマ・内容

研究分野 生物海洋学
研究テーマ 沿岸生態系物質循環における浮遊性植物プランクトンの動態解明

研究内容

地球温暖化を含めた海洋環境変化に伴う植物プランクトン群集(左図)や基礎生産(光合成)の動態変動に関する研究を行っています。船舶観測と衛星リモートセンシング(右図:クロロフィル濃度)を組み合わせた統合的解析手法により、海洋の物質循環過程における植物プランクトンの役割を評価する事を目指しています。また、沿岸海洋生態系は様々な環境要因と多様な生物群集が存在しており、植物プランクトン群集の変動機構は、その複雑な相互作用のため、あまり明らかにされていません。森と海、それらを繋ぐ川の影響を考えながら、沿岸海洋生態系の物質循環における植物プランクトンの役割に関する研究も行っています。

(左)植物プランクトン群集、(右)クロロフィル濃度

(左)植物プランクトン群集、(右)クロロフィル濃度

メッセージ

厚岸臨海実験所の周りには、海があり、湖があり、川があり、陸も含めて自然生態系がとても豊かな所です。フィールドに出て、季節や場所によって異なる姿を見せる自然を感じ、観察する事で、様々な角度から自然現象や物事を捉えられる事ができるようになってほしいと思います。また、植物プランクトンというと「生物」というイメージをありますが、海の中の現象にしても光合成にしても「物理」「化学」「生物」がすべて密接に結びついています。広い視野で自然を捉えられるよう様々な分野に興味を持ってほしいと思います。

参考文献・論文・著書

・生物海洋学入門 第2版 (KS地球環境科学専門書) 、講談社、2005年

・藻類30億年の自然史 東海大学出版会、第2版、2007年

・森と海をむすぶ川:沿岸域再生のために、京都大学学術出版会、2012年

nameISADA Tomonori

Research subject

Specialized field

Biological oceanography

Key words

・Phytoplankton
・Primary production (Photosynthetic features)
・Carbon cycle
・Ocean color remote sensing
・Ocean optics

Research subject

Marine phytoplankton play a major role in aquatic carbon cycle. Oyashio regions, located in the northwest Pacific, is know to be the large seasonal biological drawdown of the CO2 partial pressure in surface water and one of the best fishing grounds in the world. Therefore, it is important to investigate and monitor the seasonal and annual changes in phytoplankton assemblages and primary productivity in this region.To understand the contribution of each phytoplankton functional group to marine biogeochemical cycles will be of great benefit for a wide range of assessment of environmental impacts on marine ecosystem.

isada

message

Akkeshi Marine Station (AMS) is located in eastern Hokkaido, Japan. This region is known to be one of the richest nature in Japan. I hope that you have a good opportunity for studying biological oceanography and marine coastal ecosystem in AMS.

references

Suzuki K., A. Hattori-Saito, Y. Sekiguchi, J. Nishioka, M. Shigemitsu, T. Isada, H. Liu, and R. M. L. McKay (2014), Spatial variability in iron nutritional status of large diatoms in the Sea of Okhotsk with special reference to the Amur River discharge. Biogeosciences, 11, 2503–2517.

 

Nosaka, Y., T. Isada, I. Kudo, H. Saito, H. Hattori, A. Tsuda, and K. Suzuki (2014), Light utilization efficiency of phytoplankton in the Western Subarctic Gyre of the North Pacific during summer. Journal of Oceanography, 70, 91–103.

 

Isada T., T. Iida, H. Liu, S.-I. Saitoh, J. Nishioka, T. Nakatsuka, and K. Suzuki(2013), Influence of Amur River discharge on phytoplankton photophysiology in the Sea of Okhotsk, Journal of Geophysical Research – Oceans, 118, 1995–2013, doi:10.1002/jgrc.20159.