角井敬知 講師 / KAKUI, Keiichi

「なぜ?本当に?」を大切に

角井敬知 講師 /  KAKUI, Keiichi

研究分野・テーマ・内容

研究分野 動物系統分類学
研究テーマ 海産無脊椎動物を主とした分類学と系統学,タナイス目甲殻類の生物学

研究内容

2010年に発表された研究によると、日本近海からはこれまでに2万5千種を超える「名前の付いた」動物が報告されている一方、まだ「名前の付いていない」動物(未記載種)はその4倍近く生息しているだろうといわれています(Fujikura et al. 2010: PLoS ONE 5)。私はタナイス目(図1)という体長数ミリ程度の水生甲殻類の一群を対象に、未記載種に名前を付けていく記載分類学的研究と、タナイス同士の類縁関係と進化史を明らかにする系統学的研究を主に行っています。また、タナイス類の示す興味深い形態や性質に着目し、飼育実験や各種形態観察手法を導入して、彼らの生物学的側面についても研究しています。

tanaidacea

図1. さまざまなタナイス目甲殻類

メッセージ

系統分類学の分野に限って言っても、先に見た膨大な未記載種の数からも分かるとおり、分かっていないことは山ほどあります。また真実のように扱われている事象・考えが実はちゃんと検証されていない一つの仮説に過ぎないこともままあります。目の前の現象に対して素朴に「なぜ?」と問い、既存の仮説や業界の常識を盲信せずに「本当に?」と自分で考えてみる姿勢は、将来どの分野に進むとしてもとても大切だと思います。

参考文献・論文・著書

nameKAKUI Keiichi

Research subject

Specialized field

Invertebrate systematics; tanaidacean biology

Key words

・Marine invertebrates
・Phylogeny
・Taxonomy
・Evolution
・Morphology
・Reproduction

Research subject

I am interested in the taxonomy, phylogeny, reproductive biology, morphology, and evolution of invertebrate animals. The main focus of my research is the order Tanaidacea, a group of tiny aquatic crustaceans, with around 1400 species. However, past or ongoing collaborative projects in taxonomy and phylogeny have dealt with animal groups other than tanaidaceans, including isopods, amphipods, copepods, pycnogonids, nematodes, annelids, nemerteans, and xenoturbellids.

message

references

Kakui, K., Fujita, Y. 2018. Haimormus shimojiensis, a new genus and species of Pseudozeuxidae (Crustacea: Tanaidacea) from a submarine limestone cave in Northwestern Pacific. PeerJ 6: e4720.

Kakui, K., Hiruta, C. 2017. Tube construction by a tanaidacean crustacean using a novel mucus secretion system involving the anal opening. Zoological Letters 3: 20.

Kakui, K., Hayakawa, Y., Katakura, H. 2017. Difference in size at maturity in annual and overwintering generations in the tanaidacean Zeuxo sp. in Oshoro Bay, Hokkaido, Japan. Zoological Science 34: 129–136.

Kakui, K. 2016. Descriptions of two new species of Rhizorhina Hansen, 1892 (Copepoda: Siphonostomatoida: Nicothoidae) parasitic on tanaidacean crustaceans, with a note on their phylogenetic position. Systematic Parasitology 93: 57–68.

Kakui, K., Hiruta, C. 2013. Selfing in a malacostracan crustacean: why a tanaidacean but not decapods. Naturwissenschaften 100: 891–894.