小谷友也 准教授 / KOTANI, Tomoya

生命の神秘を知る

小谷友也 准教授 /  KOTANI, Tomoya

研究分野・テーマ・内容

研究分野 分子発生生物学
研究テーマ 生殖細胞形成と初期発生過程の新規分子機構解明

研究内容

私たちの体は受精した一つの卵から始まり、形態形成を繰り返すことで形作られます。この体づくりを始めるために必要な分子機構は、受精前の卵細胞ですでに準備されていて、一連の反応は精子と受精することで開始されます。私たちは動く遺伝子であるトランスポゾンをゼブラフィッシュに導入することで研究をしています。トランスポゾンは、ゲノムの塩基配列中にランダムに挿入されるので、その中のあるものは卵や精子がつくられる過程で働く遺伝子のなかに組み込まれます。トランスポゾンが組み込まれたことで遺伝子が機能しなくなり、卵形成過程や、精子形成過程に異常を生じる変異体が生まれてきます。このような変異体を解析することで、脊椎動物の卵形成、精子形成過程で働く遺伝子を次々と明らかにし、この過程で働く未知の分子機構を明らかにしたいと考えています。

分子発生生物学の関連画像

メッセージ

卵巣と精巣で生殖細胞が形成される過程や、一つの受精卵が分裂によって細胞数を増やし分化と形態形成を始めるという、ごくシンプルに思える現象においてもそのメカニズムはほんの一部しか分かっていません。これらの現象を解明するために、変異体を作製し生物学的な解析をおこなうことは時間と労力がかかり、根気がいる作業です。しかし、それだけに得られる発見も大きいといえます。未知の世界を開拓する勇気のある方をお待ちしています。

参考文献・論文・著書

nameKOTANI Tomoya

Research subject

Specialized field

Molecular and Developmental Biology

Key words

・Developmental biology
・Vertebrate
・Zebrafish
・Oogenesis
・Maternal factor

Research subject

A multicellular organism begins with a single cell, the fertilized egg, and undergoes differentiation, morphogenesis and pattern formation to become an embryo. All cellular functions and patterning decisions that occur prior to the activation of the zygotic genome depend on maternal factors deposited in the egg during oogenesis, which become active after fertilization. At present, however, little is known about the molecular mechanisms underlying oogenesis and early developmental processes.

We successfully isolated the maternal insertional mutation using a transposon system in zebrafish and identified the gene responsible for the mutant phenotype. Our aim is to find novel molecular mechanisms of gametogenesis and early developmental processes by isolating and analyzing such mutations.

message

references