西田義憲 助教 / NISHITA, Yoshinori

見えないものによる見える変化

西田義憲 助教 /  NISHITA, Yoshinori

研究分野・テーマ・内容

研究分野 分子系統進化学
研究テーマ 機能遺伝子に存在する多型性を指標とした野生動物の集団遺伝学的研究

研究内容

主要組織適合遺伝子複合体(MHC)など外部環境の影響を受けると考えられる機能遺伝子にも多型性が存在し、これらが生物進化の過程での種の保存に関与している可能性が示唆されています。このような観点から、日本に生息する野生動物(哺乳類)を主な研究対象とし、機能遺伝子に着目した分子進化と適応進化との関連を解明していくことを目的に研究をおこなっています。

メッセージ

見えないものや知らないことを「無かった」ことにせず、少しでも調べてみる。その結果が予想外のものだったとしても、それは必ずしも”失敗”を意味しません。むしろ、今まで誰も知らなかったことを知る機会を与えられたのかもしれません。誰も知らない”何か”を探して研究してみませんか?

参考文献・論文・著書

nameNISHITA Yoshinori

Research subject

Specialized field

Molecular Evolution of Mammals

Key words

Molecular phylogenetics
Molecular biology
Immunology
Mammal

Research subject

Potential polymorphisms are present within functional genes, considered being affected by the external environment, such as the major histocompatibility complex (MHC). It has been suggested the possibility that the polymorphisms within functional genes are involved in the preservation of the species in the course of biological evolution. From this point of view, we are conducting research to elucidate the relation ship between adaptive evolution and molecular evolution of wild animals living in Japan.

message

references