高木昌興 教授/TAKAGI, Masaoki

移動能力に長けた鳥の種分化機構を解明するのは生態学である

高木昌興  教授/TAKAGI, Masaoki

研究分野・テーマ・内容

研究分野 島嶼生物学・鳥類生態学
研究テーマ 生態学から鳥類の種分化を考える

研究内容

鳥類は1万余種という種多様性を持っています。 大小様々な島から構成される日本列島には、未だ認識されていない進化的な単位が、他地域よりも多いことが分かってきました。鳥類の多様化が進んでいる日本列島において、局所適応、近親交配、種間相互作用、配偶者選択などをキーワードとした生態学的な観点から、鳥類の種分化機構について探索しています。

メッセージ

鳥類は1万余種という種多様性を持ち、単なる地理的な隔離だけではその種分化の理由を説明できない程多くの近縁種や亜種が生息しています。大小様々な島から構成される日本列島には、未だ認識されていない進化的な単位が、他地域よりも多いことが分かってきました。南西諸島の小島嶼は、進化生物学的視点から非常に有用な素材を提供します。卓越した移動能力を持ち、地理的障壁が隔離に機能し難い鳥類では、特に局所適応、近親交配、種間相互作用、配偶者選択などの生態学的な観点が重要になります。私たちは音響学、分子生物学、地理情報システムなどを用い、多面的に研究を展開しています。それはそれとして、最も重要なことは、自分でフィールドを歩き、対象種をじっくり観察することです。研究の流行に遅れずとも流されず、100年後にも価値あるデータの蓄積に努めたいと考えています。

参考文献・論文・著書

高木昌興 (2007)「鳥類の保全の単位としての種と亜種−生態学的側面からの考察−」『保全鳥類学』 (編著)山岸哲. 京都大学出版会(分担執筆)

高木昌興 (2007)「島々に生きるリュウキュウコノハズク」『フクロウ−その生態と行動の神秘を解き明かす』 文一総合出版. 東京.(分担執筆)

nameMasaoki Takagi

Research subject

Specialized field

Island Biology, Avian Ecology

Key words

・ornithology
・life history
・breeding biology
・inbreeding avoidance
・acoustic communication
・oceanic island
・continental island

Research subject

message

The number of bird species varies more than ten thousand in the world. Many closely related species and quite a lot of subspecies distribute peripherally. It is difficult to understand the diversity from only a view point of geographical isolation. Then, ecological views points are prerequisite to to understand avian species diversity in a community, and molecular diversity in a species. We conduct researches in a verity of aspects from geographic information systems (GIS) to molecular biology including behavioral technics. However, at any rate, what’s most important is that we persistently observe our research objectives in the field to give our study originality. Not to leap at the latest research fashion, we aim to patiently accumulate biological significant data one hundred years later.

references