吉田郁也 助教 / YOSHIDA, Ikuya

分化から未分化へ

吉田郁也 助教 /  YOSHIDA, Ikuya

研究分野・テーマ・内容

研究分野 細胞遺伝学
研究テーマ 不活性X染色体の再活性化機構

研究内容

哺乳類雌の初期胚では2本のX染色体のうち一方がヘテロクロマチン化され不活性X染色体(Xi)になります。いったん確立したXiは細胞分裂を通じてその状態を維持し続け活性状態に戻ることはありません。ところがXiは雌胚で出現した始原生殖細胞が生殖巣原基に移動する間にいとも簡単に再活性化されてしまうのです。我々は再活性化を培養下で再現できるEC細胞などの幹細胞を用いて、再活性化の分子機構を明らかにしようとしています。哺乳類発生の根幹に関わる再プログラム化と再活性化とは何らかの分子的基盤を共有していると予想されるため、再活性化の機構解明は再プログラム化の理解にもつながる可能性があると考えています。

メッセージ

培養シャーレの中で継代されている細胞はごく小さく何の変哲もないものですが、その中で起きている現象はきわめて複雑かつ精妙であるといえます。古いものから新しいものまで様々な手法を用いて精妙な生命現象の仕組みを明らかにしたいと考えています。

参考文献・論文・著書

  • ・「臨床染色体診断法」 古庄敏行編 金原出版: 38-47 1996

nameYOSHIDA Ikuya

Research subject

Specialized field

Cytogenetics

Key words

・Mouse
・X chromosome inactivation and reactivation
・Reprogramming
・Stem cell
・Embryonal carcinoma cell

Research subject

In somatic cells of female mammals, one of the two X chromosomes is inactivated and forms facultative heterochromatin that is stably maintained throughout somatic cell divisions. At the time of onset of meiosis, however, reversal of X chromosome inactivation occurs in female primordial germ cells. This phenomenon, X chromosome reactivation, can be recapitulated by distinct experimental procedures: (1) embryonic stem (ES) or embryonal carcinoma (EC) cell-fusion with female somatic cells, (2) induced pluripotent stem (iPS) cells derived from somatic cells by ectopic expression of several transcription factors, and (3) spontaneous X chromosome reactivation in a rare EC cell line that retained the inactive X chromosome. Using a combination of cell and molecular biology, we are studying the molecular basis of X chromosome reactivation in vivo and in vitro. We are particularly interested in the relationship between spontaneous X-reactivation and stochastic appearance of stem-like precursor cells in the EC cell culture.

message

references

  • Yoshida, I. (2002) Spontaneous reactivation of the inactive X chromosome in mouse embryonal carcinoma cells. Cytogenet. Genome Res., 99, 44-51.