吉田磨仁 助手 / YOSHIDA, Kiyohito

転移因子がゲノムを進化させる

吉田磨仁 助手 /  YOSHIDA, Kiyohito

研究分野・テーマ・内容

研究分野 分子遺伝学
研究テーマ 転移因子とゲノムの相互作用

研究内容

以前は、転移因子はもとからあったホストゲノムに寄生するジャンクDNAとして考えられていましたが、転移因子とホストゲノムとの間には、生物の種間に見られる共生関係にも似た、相互に依存するような遺伝的結び付きがあり、進化にも大きな役割を果してきたと考えられるようになってきました。
私の研究の目的は、転移因子とホストゲノムの遺伝的な結び付きを分子レベルで明らかにし、ゲノムの進化において転移因子が果してきた役割について考察することです。

メッセージ

転移因子とホストゲノムの生き残りをかけたせめぎあいは、遺伝因子の柔軟性とインパクトの強さを印象づけてくれます。ショウジョウバエを飼育しながら、転移因子の振舞いを追いかけ、進化の不思議さに感動しています。

参考文献・論文・著書

nameYOSHIDA Kiyohito

Research subject

Specialized field

Molecular Genetics

Key words

・Transposable element
・Genome evolution
・Drosophila
・Gene regulation

Research subject

Although transposable elements, which reside in the genomes of virtually all organisms and can replicate themselves within the host genome, had been previously considered to be junk DNAs, the recent accumulation of our knowledge of genome structure and evolution reveals that transposable elements play an important role in the evolution of the host genome by connecting themselves with host gene network essential for proper cellular function. By dissecting such genetic connection at the molecular level using the fruit fly, Drosophila as a model animal, I want to elucidate the implication of transposable elements in organismal evolution.

Drosophila ananassae distorted compound eyes caused by mobilization of the transposable element.

 

message

references