四ッ倉典滋 准教授 / YOTSUKURA, Norishige

多様性の由来

四ッ倉典滋 准教授 /  YOTSUKURA, Norishige

研究分野・テーマ・内容

研究分野 海産植物学
研究テーマ 褐藻コンブ目植物の系統と種分化に関する研究

研究内容

我が国の北海道や東北北部、更にはロシア極東域含む太平洋北西域沿岸は、世界で最もコンブ類(コンブ目植物)の多様性に富む地域のひとつです。私は、これらコンブ類の多様性を把握し、それぞれの系統類縁関係の推定を試みています。また、固有種がたくさん知られている日本のコンブ類は、どこから来て、どのように分布を拡げていったのか、そして分化していったのかについても分子生物学的手法を取り入れて研究を進めています。更に、今後考えられる“コンブ類の生育環境の変化”に備え、各種(株)の遺伝的特性の把握と遺伝資源の保全を進めるとともに、より生産性の高い産業種の作出に向けた育種に取り組んでいます。

メッセージ

北海道の沿岸には、他の地域では見ることのできない豊かな“海の森”が広がっています。海洋環境が刻々と変化しているなかで、この“海の森”のことをよく理解し、守り、育てることは北海道に暮らす私たちの大切な役目だと思います。

参考文献・論文・著書

  • ・「フィールド科学への招待」 北海道大学北方生物圏フィールド科学センター編 (三共出版)
  • ・「海藻利用への基礎研究」 能登谷正浩編著 (成山堂書店)

nameYOTSUKURA Norishige

Research subject

Specialized field

Marine Botany

Key words

・Bio-diversity
・Conservation
・Breeding
・Macro-algae
・Kelp

Research subject

The north Pacific is one of most abundant regions of kelp (laminalealean algae) bio-diversity in the world.

図

We have tried to understand the bio-diversity of kelp growing there, and to estimate their phylogenetic relationships. In addition, we have investigated the derivation of Japanese kelp, many of which are endemic species, using molecular methods.

Furthermore, we have attempted to grasp genetic features and to conserve the extant resources of kelp in order to be prepared for predicted environmental change, and we have struggled with breeding of kelp to bring up commercial species that show high productivity.

 

message

references