岩石・鉱物・資源

地球や惑星の固体部分を構成しているのが岩石や鉱物であり、有用な元素が濃集している部分は鉱床と言う。岩石・鉱物の結晶構造や原子構造の観察や、鉱物の相転移や固溶関係の実験的解明により、地球物質の諸性質を明らかし、天然資源の探査・開発に貢献する。

rmr_07.jpg

火口壁に露出する火山噴出物を調査する地球科学者たち.

 

rmr_06.jpg

2000年有珠山噴火で出現した金比羅火口の火口壁から,洞爺カルデラ・温泉街を見る.中央に見えるのは中島の溶岩円頂丘群.

 

rmr_05.jpg

2000年有珠山噴火で出現した金比羅火口の火口壁に立つ地球科学科3年生.地球の活動の激しさとそれを研究する地球科学の持つロマンを感じる.

rmr_04.jpg

火山灰採取場に露出する支笏カルデラ噴出物の露頭.苫小牧市美々付近.露頭上部が火砕流(軽石流)堆積物,下部の成層した部分が降下軽石堆積物.この場所はカルデラ(現在の支笏湖)中心から30 km以上離れており,当時の火山活動の規模の大きさを実感することができる.

rmr_03.jpg

巨大な金鉱石のサンプル。恵庭市光竜鉱山。