岩石・鉱物・資源

地球や惑星の固体部分を構成しているのが岩石や鉱物であり、有用な元素が濃集している部分は鉱床と言う。岩石・鉱物の結晶構造や原子構造の観察や、鉱物の相転移や固溶関係の実験的解明により、地球物質の諸性質を明らかし、天然資源の探査・開発に貢献する。

rmr_02.jpg

ダイヤモンドは地下150kmより深部から地表に上がってきた鉱物です。ダイヤモンドを研究することで人類が到達できない地下深部の様子を知ることができます。また地球上で最も硬いダイヤモンドは、100万気圧を超える地球深部の圧力環境を再現する実験装置としても重要です。

 

 

 

rmr_01.jpg

世界で毎年50個前後の新鉱物が発見されています。三笠石は北海道三笠市から発見された新鉱物で、鉄の硫酸塩鉱物です。未知の鉱物を調べて記載することも鉱物学の一分野です。