各部門

地球惑星科学部門
北海道大学大学院理学研究院地球惑星科学部門

地球惑星科学部門は、3つの研究分野から成ります。地球惑星ダイナミクス分野では、地球深部の構造やダイナミクス、地震や火山活動、地殻変動、表層および地下水、そして大気海洋循環について、地球物理学的な手法を通じて研究し、地球惑星システム科学分野では、火山や化石、岩石・鉱物学、隕石の同位体、地球の生物圏—地圏の進化、プレートテクトニクスなどの研究を行います。また宇宙惑星科学分野では、地球や惑星大気のダイナミクスや、太陽系や惑星の進化について研究します。このように地球惑星科学部門における研究領域は、分子レベルから太陽系の規模にまで渡る広範な空間スケールを、また、ミリ秒から数10億年にまで渡る時間スケールを対象としています。

現在、人類が直面している地球規模の環境の変化に適切に対処するには、これら別々に発展してきた諸分野を現代的な形で統合し、より包括的に自然を理解することが必要です。本部門では、地球や惑星の構造や進化を様々な角度から研究し、また、現在と過去の多様な生物群について種の記載と進化の研究を担う研究を包括し、地球圏や生物圏を取り巻く環境においてのプロセスを研究する地球惑星科学の研究に取り組んでいます。


PAGE TOP