研究院長の挨拶

北海道大学大学院理学研究院長 石森 浩一郎
理学研究院長 石森 浩一郎

北海道大学大学院理学研究院の源流である北海道帝国大学理学部は,1930年に学内で4番目の学部として創設されました。当時の5つの帝国大学(東京,京都,東北,九州,北海道)のなかで,札幌農学校や福岡病院を出発点とする実学系の北大や九大には理学部が設置されてはおらず,理学部設置までには基礎科学研究を熱望する多くの先人たちの努力と熱意があったと伝えられています。そして,この新設の理学部6学科11講座(数学,物理,化学,地質学鉱物学,植物,動物)を収容するために,札幌では初めての本格的なコンクリート造りの近代的建物であり,現在,総合博物館として利用されている理学部本館が建築されました。当時の最新の建築技術を駆使して建築された理学部本館の正面の階段室は,ドーム状になっており,四面の壁には古風な「果物」,「ひまわり」,「こうもり」,「ふくろう」のレリーフが飾られていますが,これらはそれぞれ朝,昼,夕方,夜を意味していると伝えられています。このような意味をもつレリーフは,念願であったこの理学部創設時における関係者の決意,つまり,昼夜を問わず未踏で最先端の研究に打ち込むことで,他の大学に比べて後発ながら,北の大地から世界に向けて北大発の新たなサイエンスを発信する決意が込められているように感じます。

1930年の創設以来,北海道帝国大学理学部,その後継組織である北海道大学理学部,北海道大学大学院理学研究科においても,創設時の先人の決意と伝統は伝えられ,中谷宇吉郎博士の人工雪の作成や2010年にノーベル化学賞を受賞された鈴木章博士のカップリング反応の開発など独創的な研究につながり,また,日本人初の宇宙飛行士である毛利衛博士もこの理学部で学生時代を過ごされました。2006年には大学院理学研究科が研究組織で教員が所属する大学院理学研究院と大学院生が所属する教育組織の理学院に分割・再編され,さらには2010年には大学院総合化学院の創設や大学院生命科学院の改組等により,理学研究院所属の教員が指導する大学院生は大学院理学院のほか,大学院総合化学院や大学院生命科学院に属するようになりました。これらの研究組織と教育組織の分割・再編はやや複雑な組織構成を呈するものの,大学を取り巻く種々の環境がめまぐるしく変化する中,常に最先端の研究を遂行し,あわせて先進の教育を実施するためには組織の柔軟性が必要であり,理学研究科は北大内でも他の部局に先駆けてこのような研究院・学院システムを取り入れることで,その高い研究・教育レベルを維持し,さらに向上させてきました。理学部-理学研究科-理学研究院と名称は変化していますが,創設当時の新進気鋭の気風は今にも生きています。

現在,理学研究院・理学部として200名以上の教員が所属しており,50名以上の特任教員・博士研究員等の研究者,さらには所属の技術職員,事務職員,支援員等を加えると300名以上の大学内でも有数の大規模な部局になります。部門としては数学部門,物理学部門,化学部門,生物科学部門,地球惑星科学部門の6部門から構成され,附属のセンターとしては付属地震火山研究観測センター,附属ゲノムダイナミクスセンター,附属原子核反応データベース研究開発センターが設置されています。これらの研究組織において,各構成員は最先端の研究活動に従事していますが,その研究レベルは高く,理学研究院所属の教員の10%以上が,2003年から2014年までに発表された高引用数論文の上位1%の論文の著者として記載されています。また,過去数年間の競争的研究費や外部資金の獲得額も高い水準で推移しており,科学研究費補助金等の採択数は学内で常に1,2位を争っている状態で,理学研究院の高い研究レベルにあこがれて入学する外国人留学生の数も年々増加しています。北大発のサイエンスを世界中に発信し,北大理学部を北の大地における基礎研究のメッカにという先人の夢は,現在の理学研究院となるに至って叶いつつあるといっていいでしょう。

一方,このような高いレベルの研究面ばかりではなく,理学研究院や関連学院では教育面についても新しい試みを次々と試みており,新しい大学院教育プログラムとして平成25年度に採択された博士課程教育リーディングプログラム「物質科学フロンティアを開拓するAmbitious リーダー育成プログラム」遂行のため,平成26年,理学研究院内にリーディングプログラム推進室,平成27年度からは,近年特に注目されている新しい教育技法であるアクティブラーニングを理系科目に応用することや,理系アントレプレナー教育の実施等を検討することを目的としてアクティブラーニング推進室も設置され,北大における理系教育を支える責任部局として新たな教育システムの構築にも力を入れています。 さらに,このような研究や教育体制を支援する組織として,国際化対応を主な目的として平成24年には国際化支援室が設置され,国際関連業務を専門とする専任常勤職員を含む体制で留学生や外国人教員に対する支援や海外大学との協定締結の調整業務等,部局としての国際化に関連する種々の業務を担当することで,これまで研究者がボランティア的に担ってきた業務を専門家集団が的確にかつ効率的に進めています。今後,全学的にも研究や教育活動における業績が重視される中,理学研究院所属の教員がより研究や教育活動に専念できるように,更なる研究・教育支援体制の構築を進めていく予定です。

以上のように,北海道大学理学研究院は,北の大地に基礎科学研究の拠点をという先人の努力と熱意にその源流を発し,その後の研究者によりその決意と伝統が受け継がれてきました。教育についても常に新たな展開も目指して種々の試みを取り入れています。今後も社会における大学での研究や教育の重要性は高まり,世界の最先端研究や高度で多様な産業などを支え,社会に貢献する人材を輩出することが,大学の責務としてより強く要求されることになるでしょう。理学研究院はこのような社会的要請に応えるためにも研究・教育の両面でそのフロントランナーとして走り続ける必要があります。関係各位におかれましても,今後ますますのご支援をお願いいたします。

PAGE TOP