概要

本センターは、全国の関連研究機関と連携しながら「災害の軽減に貢献するための地震火山観測研究計画(平成26年度~30年度)」を推進する観測研究拠点となっています。また、次世代を担う人材養成のため、地震学火山学講座として理学院自然史科学専攻の大学院教育にも参画しているほか、理学部地球惑星科学科の学部専門科目や全学教育科目も担当しています。多くの学部4年生・大学院修士・博士課程の学生が本センターで研究活動に取り組んでいます。

沿革

 

北海道大学大学院理学研究院附属地震火山研究観測センターは、北海道大学理学部に設置されていた浦河地震観測所(1966年度設置)、えりも地殻変動観測所(1970年度設置)、札幌地震観測所(1972年度設置)、地震予知観測地域センター(1976年度設置)、有珠火山観測所(1977年度設置)、海底地震観測施設(1979年度設置)の 諸施設を統合し、新しい分野も加えて1998年4月に発足しました。

構成

本センターは主に以下の4研究分野から構成されています。

 地震観測研究分野

 海底地震津波研究分野

 火山活動研究分野

 地下構造研究分野

 

 

 

 

 

 


これら4研究分野に加えて、本センターの研究を技術面から支える観測技術部があります。また、2006年4月には、本センターが保有する研究観測成果を地域防災に役立てることを目的に、センター内に地震火山地域防災情報支援室を設置し、地域貢献を目指した普及啓発活動にも積極的に取り組んでいます。