最近のセンターの研究成果

防災科学技術研究所特別研究員の山田大志さん(写真左から3人目)が当センターの 博士課程在学中にとりまとめた研究論文2017年の日本火山学会 学生論文賞を受賞しました!

Yamada, T., H. Aoyama, T. Nishimura, M. Iguchi, and M.Hendrasto (2017),  Volcanic eruption volume flux estimations from very long period infrasound signals, Geophys. Res. Lett.,44, 143-151,  doi:10.1002/2016gl071047.

本論文は,噴煙柱が成長する際に長周期の空気振動が励起されている ことを発見するとともに様々な噴火で普遍に見られることを確認し, 空気振動データから噴出体積の推定を試みた研究です.長周期空気振動の発見という火山学的な側面だけでなく,噴火規模の即時評価の新たな可能性を提示するという防災・減災の面でも重要な知見を得ることができました.
長周期空気振動がどのような物理過程で励起されているかは,まだ明らかになっていませんが,今後も観測事例を重ねて空気振動データを映像やレーダー観測結果などと丁寧に比較していくことで, 励起メカニズムの解明や噴火規模の推定精度向上が期待されます.