相馬雅代 准教授 / SOMA, Masayo

「知性」はなぜ進化したのか?

相馬雅代 准教授 /  SOMA, Masayo

研究分野・テーマ・内容

研究分野 行動生態学・比較認知科学
研究テーマ 動物の高次認知機能の進化

研究内容

なぜ私たちは特定の人を好きになり伴侶とするのでしょう?恋人にはどのようにアプローチしますか?もうける子の数はどのように決まりますか?息子と娘どちらが欲しいでしょうか? どのような時、兄弟喧嘩をしますか?これらの行動には当然、個別に状況依存的な要因が関わっているはずですが、より広い視点から生物学の問題として捉えた時、仮説検証の俎上にのせることの出来る命題がさまざまにみえてきます。とりわけ、上に挙げたような社会行動は、ヒトを含む動物がどのような社会生活を営んでおり、それを支える認知能力はなぜどのように進化したのかを考える上で鍵となるものです。
私たちは、スズメ目(鳴禽類)カエデチョウ科の鳥種を対象に研究を行っています。鳥は、ヒトとは系統的に隔たっていますが、親が育雛へ寄与し家族生活が営まれる点や、その社会の複雑さ、発声を社会学習によって獲得する能力など、比較対照可能な興味深い特性を呈します。具体的には、歌行動、求愛ディスプレイ行動、母鳥の繁殖戦略、母性効果、兄弟間競争などに焦点をあて、行動の機能と進化を、個体発生と生活史の観点から考察しようとしています。

ジュウシマツの卵

▲ジュウシマツの卵

ジュウシマツの発達

▲ジュウシマツの発達

メッセージ

生物学を志すとき、ドブジャンスキ―の以下の言葉をいつもおぼえていたいものです。
“Nothing in biology makes sense except in the light of evolution”
— T. Dobzhansky

参考文献・論文・著書

nameSOMA Masayo

Research subject

Specialized field

Behavioral ecology, Ethology, Comparative cognitive science

Key words

・Songbird
・Life history
・Development
・Sexual selection
・Acoustic and visual communication
・Family living

Research subject

Subject species: Estrildid finches (Bengalese finch, Java sparrow, Cordon-bleus) Research topics: Song leaning, Courtship display, Parent-offspring interaction, Maternal effect, Sexual dirmorphism

Research subject

Passerine songs have been well studied not only because they are one of the notable examples of sexually selected traits but also because their acquisition process and mechanism have many parallels with those of human language. Both humans and passerines live highly social lives, use vocalization for communication between pairs, family and community members, and most importantly have the ability to acquire acoustic characteristics of their own vocalization through social learning in the early developmental period. Using Estrildid finches, we are trying to understand why complex acoustic and visual communication evolved and how individual development shapes the underling cognitive ability for communication.

message

references