吉田磨仁 助手 / YOSHIDA, Kiyohito

転移因子がゲノムを進化させる

吉田磨仁 助手 /  YOSHIDA, Kiyohito

研究分野・テーマ・内容

研究分野 微生物学
研究テーマ 多価不飽和脂肪酸のはたらき

研究内容

長鎖多価不飽和脂肪酸(LC-PUFA)の、より普遍的で新しい生理機能を見出し、その分子機構の解明を目指しています。さらに、LC-PUFAは人や動物の栄養素として重要な働きをもつ物質であり、その生産の効率化を図るための実用的な研究も行っています。

メッセージ

DHAなどの多価不飽和脂肪酸は、ヒトの健康にとって重要な働きをしていますが、自ら十分に合成することができないため、魚貝類から摂取しなければなりません。しかしながら、近年の気候変動の影響により、漁業資源は不安定化してきています。魚貝類に多く含まれているDHAも実は、元々藻類などの海産微生物が合成したものです。
長鎖多価不飽和脂肪酸を合成する微生物をじょうずに利用して、魚貝類に頼ることなくDHAを摂取できるようにしたい。これが私の研究のモチベーションになっています。

多価不飽和脂肪酸DHAの分子模型

参考文献・論文・著書

Yoshida, Kiyohito, Mikako Hashimoto, Ryuji Hori, Takumi Adachi, Hidetoshi Okuyama, Yoshitake Orikasa, Tadashi Nagamine, Satoru Shimizu, Akio Ueno, and Naoki Morita. “Bacterial Long-Chain Polyunsaturated Fatty Acids: Their Biosynthetic Genes, Functions, and Practical Use.” Marine Drugs 14, no. 5 (May 2016): 94.
(https://doi.org/10.3390/md14050094)

 

nameYOSHIDA Kiyohito

Research subject

Specialized field

Microbiology

Key words

・Molecular biology
・Genetics
・Algae
・Microorganism
・omega-3 fatty acids

Research subject

message

references