利用の手引き

実験生物共同利用部門 施設利用の手引き

1.利用申請

(1) 当施設 飼育室・実験室等の利用を希望する時は、電話か電子メールで必ず事前にご連絡ください。
(2) 研究室ごとに利用申請書および利用者名簿へ必要事項を記入し、提出していただきます。利用許可書(単年度)を責任者宛に発行いたします。
(3) 遺伝子組換え実験や動物実験を行う方は学内のルールに従って申請を行い、その許可番号または承認番号を上記(2)利用申請書に記載する必要があります。
(4) 新規利用者が当施設の入館システムへ登録を希望される場合は、理学研究院の定める書式での申請もお願いします。また当施設主催の利用者講習会の受講も義務付けておりますので、忘れずに受講してください。
(5) 利用申請手続きは随時受け付けます。
(6) 継続して利用される場合の、年度毎の更新手続きは不要です。ただし、上記(2)において提出した内容に変更や追加が生じた場合には必要書類の再提出していただきますので職員の指示を仰いでください。
(7) 上記(6)において利用者名簿に新たに追加された者は(4)に該当しますので、同様の手続き及び利用者講習会の受講をお願いします。
(8) 利用を終了される場合には提出書類はありませんが、撤退される二週間前までに連絡をお願いします。利用料金は月単位である点にご注意ください。

2.げっ歯類飼育室

(1)げっ歯類飼育室に入室の際は、防疫上、必ず白衣を着用し専用の上履きへ履き替えてください。
(2)げっ歯類飼育室への動物の搬入・搬出は、飼育部担当職員の指示に従ってください。
(3)(実験用動物の供給)
当施設では、ラット・マウス等の実験用動物の供給を行っております。供給希望者は、当施設の「実験用動物供給細則」にしたがった必要手続を済ませてください。
(4)(動物の飼育)
動物の給餌・給水・床敷の交換は、利用者が行ってください。
(5)(エサ、床敷)
飼育に必要なエサは利用者が用意してください。ただし、当施設でもげっ歯類用のエサ1袋10㎏を実費でお分けできます。飼育に必要な床敷はこちらで用意します。
(6)(微生物モニタリング表の提出)
飼育室における伝染病蔓延を予防するため、外部の機関から搬入した動物を飼育する場合には、搬入する動物が当施設の「標準作業手順書」に規定する病原体に感染していないことを証明する書類(微生物モニタリング表)を予め提出してください。ただし、搬入前1年以内に同じ機関から同種の動物を搬入した際に微生物モニタリング表を提出した場合には改めて提出する必要はありません。
(7)(げっ歯類処置室の利用)
げっ歯類飼育室の利用者は、施設内で飼育する動物への実験的処理を行うために処置室を利用することができます。利用したい場合は事前に空き状況を担当者へ確認し、利用希望日時と処置内容をお伝えください。

3.ガラス室・圃場

(1)建物1,2階に付属したガラス室、および屋外に圃場が用意されています。利用を希望する際には事前に担当職員と利用方法を打ち合わせたうえで利用申請をしてください。
(2)利用区域の除草や清掃は利用者各自で行ってください。農具類(別表1参照)の貸出も行っていますので、利用の際には職員へ申し出てください。
(3)栽培廃棄物は学内の廃棄物処理方法に従って処分してください。

4.水槽室

(1)水槽室には、温度コントローラー付の水槽が用意されています。また飼育水として井水と海水を利用できます。
(2)利用者は、半年に一度、水槽と排水溝の掃除並びに濾過砂の洗浄を行ってください。また、水槽の利用が終了した場合も同様です。

5.共同利用

(1) 利用者は、当施設を利用して行う実験・研究の遂行上、必要と認められる作業について、共同利用機器(別表2参照)を利用することができます。希望者は申請書「利用機器」欄に付記し、利用方法を職員に確認してからご利用下さい。
(2) 施設内での飼育・実験のため一時的に飼料調整室を利用することができます。使用後は掃除・ゴミ処理等を行い、元の状態に戻してください。
(3) 飼育・実験に用いた脊椎動物の死体は、専用フリーザーに廃棄し記録簿へ数量等を記入してください。
(4) 利用者が随時利用場所を清掃できるよう、掃除道具の貸し出しを行っております。職員にご相談いただくか、2階廊下にあるロッカーの掃除道具をご使用ください。
(5) クリーンベンチ、CO2インキュベータ等が設置してある共同利用室を利用する場合、利用申請書の提出が必要です。実験に必要な消耗品は利用者が用意し適切に廃棄してください。設置機器類の利用時間や場所等に関しては利用者同士が話し合い調整してください。新たに機器等を利用室に持ち込む場合、前もってお知らせ下さい。

6.空調等の異常・トラブル

(1)各室にある空調制御盤は所定の設定値にセットされていますので、変更を希望する場合には必ず申し出てください。
(2)各室の警報設定温度(上限・下限)は施設職員の方で設定しますが、利用している部屋について特に希望がある場合にはご相談下さい。
(3)室温の異常を知らせる警報盤が、1階玄関ホールと2階東側廊下中央および2階東側廊下の北端に備わっています。警報が鳴っているときは職員へ連絡願います。
(4)職員不在の時間帯に警報が鳴っていたりトラブルに遭遇したりした際は、理学部2号館の防災センター(内線2660)へ伝えてください。

7.停電

(1)当施設には停電による生物及び実験系への影響を最小限に食い止めるため、空調などへの必要最低限の機器の運転を保証する自家発電装置が備わっています。
(2)自家発電装置は一時的な電力供給しかできませんので、事前に停電が知らされている場合は、停電前に必ず各機器の電源を切ってください。
(3)停電には断水が伴う場合があります。給水・給湯及びトイレの使用はご遠慮下さい。
(4)緊急に停電が発生すると数秒後に自家発電装置が作動します。数分経っても通電しない等のトラブルがあった場合には至急職員へ連絡願います。(職員不在時は6.(4)と同様に対応してください。)

8.純水、超純水、海水

(1)当施設では、純水(RO)、超純水(ミリQ)、海水のみの提供も行っています。希望者は価格を確認し、利用申請書を提出してください。
(2)使用の際には必要量分の容器を持参し、所定の用紙に記入してご利用下さい。

9.経費

(1)空調、その他諸設備の維持・管理のための諸経費の一部と共通消耗品の費用として別に定める料金を利用者に負担していただきます。なお利用料金は年度始めから3ヶ月毎に徴収させていただきます。

10.その他

(1) 入館する際に登録ICカードを携帯し忘れた、または入館システムへ未登録の場合は、玄関インターフォンを押して職員を呼び出し、入館記録用紙へ必要事項を記入してから入館してください。
(2) 施設内は土足禁止ですので、専用の上履きをご利用ください。
(3) 利用者が発注した機器修繕・物品を直接当施設へ納品する際は、事前に納品業者と納品日を施設職員へ連絡し、搬入や作業の日時の調整を行ってください。
(4) 施設内での物品の扱いについては、以下の点に御注意ください。

  • 物品には全て所有者・所属講座などを分かりやすい場所に明記してください。
  • 備品番号がつかない器具・機器・消耗品についても所属が分かるように講座名等をご記入ください。
  • 大きな資材や物品を出し入れする際には、事前に職員へ連絡し、適宜申請書の書き換えを行ってください。
  • 申請の際に利用場所として明記されていない場所(例えば自分の使用場所以外の部屋・廊下・玄関等)に一時的にでも物品を設置する場合には、職員までご連絡ください。

(5) 利用を終了する際には、部屋・機器等を元の状態に戻し、職員の確認を受けてください。
(6) 施設運営費の一部は、皆様からの利用料金によって賄われています。光熱水料は運営費総額の多くを占めており、当施設を運営するうえで負担となっております。当施設を共同利用施設としてより一層活用するためにも、電気・水道等の無駄使いをなくし省エネルギー化を心掛けてください。

利用の手引き 別表

別表1 共同利用機器

  • オートクレーブ(共同実験室)
  • 乾熱滅菌機(共同実験室)
  • 製氷器(飼料調整室)
  • CO2インキュベータ(共同実験室)
  • 安全キャビネット(共同実験室)
  • -80℃フリーザー(中廊下)

別表2 実験用動物供給細則

  1. 実験生物共同利用部門におけるマウス・ラットの供給については、この細則の定めるところによる。
  2. 実験用動物は、原則として研究実験用に供給する。
  3. 実験用動物の飼育経費の負担は、次のとおりとする。
    • ハツカネズミ(マウス)
      系統、性別、週齢の指定有り1頭当たり500円
      系統、性別、週齢の指定無し1頭当たり250円
      妊娠個体1頭当たり2,500円
    • ドブネズミ(ラット)
      系統、性別、週齢の指定有り1頭当たり1,200円
      系統、性別、週齢の指定無し1頭当たり600円
      妊娠個体1頭当たり6,000円
  4. 供給の申込みは、予めげっ歯類飼育部の担当職員と打合せを行い、所定の用紙に必要事項を記入の上、行うこと。
  5. 3.に規定する費用の請求は、実験生物共同利用部門の利用料の請求に合わせて行う。供給に際して必要となる費用については、申込者が負担する。