北海道大学 大学院理学院

お知らせ

新型コロナウイルス感染症の蔓延予防に関する理学院長メッセージ【4月10日】

2020 年4 月10 日

北海道大学大学院理学院生の皆さんへ

理学院長 網塚 浩

新型コロナウイルス感染症の蔓延を予防するために, 2020 年4 月9 日付けで,長谷川 晃 理事・副学長より,北大生に向けて「生活行動に関する注意事項について」が発信されました。(https://www.hokudai.ac.jp/news/pdf/20200409_noticeDaily_student.pdf
これに関連して,理学院として当面の間,以下の対応を行うものとします。

1.現在,道外に滞在中の方
道外から道内に戻った場合,北海道に戻った時点から2週間は自宅待機をお願いします。自宅待機中は自身の健康状態に注意してください。この自宅待機の措置に従ったために,5 月11 日(月)の授業開始に間に合わない場合には,欠席扱いとならないように配慮しますので心配しないでください。5 月11 日以降も自宅待機を続ける場合には,必ずその旨を,理学院大学院教育担当(r-gakuin@sci.hokudai.ac.jp,電話:011-706-3675)までお知らせください。

また,2.に示すように理学院の第1学期のほとんどの授業はオンラインで実施される予定です。滞在地のインターネット環境を利用して授業を受講することも可能です。

2.5 月11 日以降の授業について
2020 年度第1 学期の授業は,主に遠隔授業(オンライン)により実施する予定です。詳細が決まりましたら,理学情報システム,ELMS などでお知らせしますので,定期的にチェックするようお願いします。

3.授業開始前の大学キャンパスへの来訪について
5 月7 日(木)予定の新入生向け専攻別ガイダンスおよび4に示す研究活動以外は大学へは立ち入らないようお願いします。授業開始以前は,大学院教育担当の窓口も閉鎖しますので,必要な事務手続き,質問等がある場合には,大学院教育担当までメール(r-gakuin@sci.hokudai.ac.jp)で問い合わせてください。

4.研究活動について
原則として自宅で行ってください。研究室で行う必要のある研究活動については,現在進行中の実験・研究を継続するために必要な場合に限り,指導教員の許可を得て行ってください。作業の際には,「①換気の悪い密閉空間、②人が密集する,③近距離での会話や発生がある」の3条件に該当しない環境である
ことを確認し,研究室の滞在時間を減らすように務めてください。

5.研究活動、就職活動に係る出張・旅行について
出張・旅行先と期間を,必ず事前に指導教員もしくは専攻・講座等の就職等担当教員に知らせてください。道外の出張・旅行先より道内に戻った際には,北海道に戻った時点から2週間は不要不急の外出を自粛し,大学への通学および施設利用も控えてください。

 

理学院生の皆さんには,新型コロナウイルス感染拡大阻止のために「うつらない」「うつさない」ための自覚を持った行動の実践をお願いいたします。

以上