准教授 知北和久

知北和久の活動

学会関連活動(2012年1月~):

  1. 陸水物理研究会 運営委員長
  2. 日本陸水学会 評議員(全国)
  3. 日本陸水学会 編集委員
  4. 日本地球惑星連合(JpGU) 大気・水圏科学セクションボード構成員・代議員
  5. 日本学術会議 第22期地球惑星科学委員会IUGG分科会IAHS小委員会委員
  6. 日本地球惑星連合(JpGU)
    セッション「流域の水及び物質の輸送と循環-源流域から沿岸域まで-」代表コンビーナー

所属学会:日本地球惑星連合(JpGU)、日本陸水学会、陸水物理研究会、日本水文科学会、水文・水資源学会、日本雪氷学会、
米国地球物理学連合(AGU)、国際水文科学会(IAHS)、アジア・オセアニア地球科学会(AOGS)

最近の研究論文・著書(2009年1月~2014年1月)

a) 学術論文(全て査読制度あり)
  1. 岩波秀晃,和田知之,坂本和佳,工藤勲,知北和久(2013):流出特性と土地利用形態に基づく十勝川水系の栄養塩供給機構.
    日本水文科学会誌 第43巻 第1号
  2. Bertram, B, Fukuyama, R and Chikita, K A (2013) Geothermal heat flux into deep caldera lakes Shikotsu, Kuttara,
    Tazawa and Towada Limnology, 14, 129-134
  3. Chikita, K. A., Iwasaka, W., Mamun, A. A., Ohmori, K. and Itoh, Y. (2012): The role of groundwater outflow
    in the water cycle of a coastal lagoon sporadically opening to the ocean. Journal of Hydrology, 464-465, 423-430
  4. Islam, M. T., Chikita, K. A., Wada, T. and Yamaguchi, T. (2012): Soil water behaviors and their
    effects on river runoffs: The Saromabetsu River basin, Hokkaido. 日本水文科学会誌,42, 1 - 19.
  5. Chikita, K. A., Wada, T., Kudo, I. and Kim, Y. (2012): The Intra-annual variability of discharge,
    sediment load and chemical flux from the monitoring: the Yukon River, Alaska. Journal of Water Resource and Protection, 4, 173-179.
  6. Wada, T., Chikita, K. A., Kim, Y. and Kudo, I. (2011): Glacial effects on discharge and sediment
    load in the subarctic Tanana river basin, Alaska. Arctic, Antarctic, and Alpine Research, 43, 643-648.
  7. Aihara, M., Chikita, K.A., Momoki, Y., and Mabuchi, S. (2010): A physical study on the thermal ice ridge
    in a closed deep lake:Lake Kuttara, Hokkaido, Japan. Limnology, 11, 125-132.
  8. Chikita, K. A., Kaminaga, R., Kudo, I., Wada, T., and Kim, Y. (2010): Parameters determining water
    temperature of a proglacial stream: the Phelan Creek and the Gulkana Glacier, Alaska. River
    Research and Applications, 26, 995-1004.
  9. Chikita, K. A., Kim, Y., Kudo, I., Saito, S., Wada, T. and Miyazaki, H (2009): The interactions between
    the Yukon River and Bering Sea. In ”Headwaters to the Ocean by Taniguchi et.al. (eds)”,
    Taylor & Francis Group, London, ISBN 978-0-415-47279-1, pp. 647-651..
b) 著書
  1. 鈴木隆介・知北和久ほか(2012):「地形の辞典」朝倉書店(印刷中)
  2. 知北和久(2010):河川の働きと地形形成.“地球惑星科学入門”,第9章, p. 99-108.
  3. 知北和久(2010):地球と陸域の水循環.“地球惑星科学入門”,第26章, p. 301-312.
  4. Chikita, K. A. (2009): The expansion of supraglacial lakes in the Himalayas: Its history and mechanisms.
    In: New Permafrost and Glacier Research, Chapter 12, NOVA Scientific Publications, New York.

2009-2013年度 国際学術調査

2009-2012年度 国際学術調査
  1. 2011年10月~2014年9月:ユーコン河の流出に与える林野火災の影響評価に関する研究(JAXA/IARC 2011-2014):
    分担研究者(代表研究者:北大・露崎史朗)
  2. 2009-2010年6月~9月: アラスカ・ユーコン河流域調査 (JAXA/IARC 2009 & 2010)
    代表研究者:知北和久
    共同研究者:工藤勲(北大水産科学研究院)・Yongwon Kim (アラスカ大学国際北方圏研究センター)・
    和田知之(北大理学研究院)

博士研究員 阪田義隆

所属学会

地下水学会、水文・水資源学会、地盤工学会、陸水物理研究会、American Geophysical Union

学位論文

Geostatistical Reservoir Modeling of Trending Heterogeneity Focused Recharge Zone: A Case Study of Toyohira River Alluvial Fan, Sapporo, Japan(伏没涵養帯に着目した帯水層の漸移異質性に関する地球統計学的モデリング-豊平川扇状地を例として-)
http://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/handle/2115/52995

発表論文(査読付き)

Sakata, Y. and Ikeda, R. 2013 Regional mapping of vertical hydraulic gradient using uncertain well data: a case study of the Toyohira River alluvial fan, Japan. Journal of Water Resource and Protection, Vol. 5, No. 8: 823-834.
DOI: 10.4236/jwarp.2013.58083.

Sakata, Y. and Ikeda, R. 2013 Depth dependence and exponential models of permeability in alluvial fan gravel deposits. Hydrogeology Journal, Vol. 21: 773- 786. DOI: 10.1007/s10040-013-0961-8.

阪田義隆,池田隆司 2012 扇状地の地下水シミュレーションにおける高解像度モデルの有効性.北海道大学地球物理学研究報告,Vol. 75: 73-89.

阪田義隆,池田隆司 2012 可搬式ADVを用いた同時流量観測による扇状地河川の流量変化と伏没量の定量化.水文・水資源学会誌,Vol. 25,No. 2: 89-102.

阪田義隆,伊藤和伯,磯崎真一,池田隆司 2011 不攪乱試料から導出される扇状地堆積物の透水係数分布モデル.地盤工学ジャーナル,Vol. 6,No. 1:109-119.

学会賞

2003年5月31日 日本地下水学会2002年秋季講演会にて「安定同位体等による大雪山直下流域地下水系の考察」により日本地下水学会から「若手優秀講演賞」を受賞
2006年11月24日 第41回地盤工学研究発表会にて「河川水位制御試験による周辺地下水位の応答に関する一考察」により地盤工学会から「第41回地盤工学研究発表会優秀論文発表者賞」を受賞

その他

水文・水資源学会2013年度研究グループ「北海道の渇水比流量分布の現在及び将来予測」代表

このページの先頭へ