硝子工室

北海道大学 大学院理学研究院 技術部 機器・試料製作技術班

硝子工室では

理学系研究室を対象に、実験・観測などに使用される理化学ガラス機器や部品の設計・製作・修理をしております。
PYREXガラス・石英ガラスを主材料としてブルーバーナー・ガラス旋盤・切削機器等を用いて光学セルや
ガラス実験機器・部品等の作製・修理が主な業務になり。簡単なガラス細工も教えております。

お知らせ


大学院理学研究院等技術部では新たな内規を設け、平成30年8月1日よりガラス工室では
生産品等作製受託に際し、生産品作製料の
外部資金等への対応が可能となりました。new


 それに伴いまして、機械工作室、ガラス工室、薄片技術室の3部屋の製作依頼書の様式が統一されました。
生産品作製料について、機械工作室とガラス工室におきましては今回の変更に伴い、計算方式に変更がございます。
薄片技術室のご利用に際しましては製作依頼書の様式変更の他には変更点はございません。引き続き外部資金等ご利用いただけます。

発注依頼書はこちらnew
【発注依頼書EXEL(xlsx)版

生産品等作製料金についてはこちらで確認お願いします。new

北海道大学大学院理学研究院等技術部における試料作製受託内規(docxファイル)new

ご注意ください

発注の際は必ず発注依頼書とともに製作図面(フリーハンド可)を用意し、製作に関する必要事項を記入してください.
また、口頭のみによる製作依頼はお止め下さい.
(平成30年7月20日更新)

コンテンツ


製作依頼 ・・・ 製作を依頼される方はまずこちらをご覧ください

製作品紹介 ・・・ 主な製作品の紹介

設備 ・・・ 当室の工作機械の紹介

アクセス ・・・ 当室へお越しの方へ

リンク ・・・ 当室と関係の深い組織・部屋


連絡先


電話・FAX

011-706-2663(ダイヤルイン) 2663(内線)

メール

takechan@sci.houdai.ac.jp 竹内大登
kanchan@sci.houdai.ac.jp 菅野孝照

住所

〒060-0810
札幌市北区北10条西8丁目
北海道大学理学部6号館低層棟2階硝子工室

硝子工室 TOP