機械工作室

北海道大学 大学院理学研究院 技術部 機器・試料製作技術班
グローバルファシリティセンター 試作ソリューション部門

機械工作室について

 研究の場では、実験・観測において既成品では対応できない場面が多く、一点物の機器が必要になってきます。
そこで、当室では理学系研究室を対象に、各種工作機械やCAD/CAMを使用して金属やプラスチック加工による機器の設計・製作を行っております。
また、ドライバーやレンチなどの各種手工具等の貸出も行っております。
詳しくは当室にお越しいただくか、電話・メールにてお問い合わせください。

お知らせ

生産品等作製受託内規の改正

今回の改正により、生産品等作製依頼書提出の際に押印の必要がなくなりました。
また、メール添付による依頼書の提出も可能となります。

新しい生産品等作製依頼書の様式はこちらよりダウンロードください。 xlsx
(令和4年11月2日更新)

『令和4年度 文部科学大臣表彰』を受賞

4月8日(金)に文部科学省から令和4年度文部科学大臣表彰の受賞者が発表され、
当室より 女池 竜二 技術専門員 が研究支援賞を受賞いたしました。

令和4年度科学技術分野の文部科学大臣表彰受賞者等の決定について(文部科学省リンク)
(令和4年4月12日更新)

納期について

現在の小物依頼品の納期(学内)は1〜2週間程度となっております.
(令和4年3月28日更新)

ご注意ください

発注の際の図面・指示書の不備による製作ロスが発生しております.
必ず製作図面または作業指示書を用意し,製作に関する必要事項を記入してください.

製作依頼の流れ

フロー図


提出書類

製作を依頼される際に必要な書類

  • 製作図面または作業指示書(ポンチ絵・概要図など可)
  • 生産品等作製依頼書(下よりダウンロードしてください)
  • 製作見本・関連部品(必要に応じて)

製作図面・作業指示書

必ず製作図面または作業指示書をご用意ください。
図面データで提出される場合はDXF,DWG等各種CAD形式に対応しています。

生産品等作製依頼書

左図の赤枠の項目をご記入ください。
その際必ず予算執行権限者の捺印(必要なくなりました)をお願いいたします。
依頼者は、料金を支払う予算権限者とします。
担当者が代わりに提出する場合は、必ず予算権限者の了承のもとで提出してください。
財源によってはご利用できない時期がございますのでご注意ください。

生産品等作製依頼書・作業指示書のダウンロード

生産品等作製依頼書 xlsx
作業指示書 PDF xlsx


内規・作製料金


留意事項


製作品・論文等紹介

製作品等

大学院理学研究院 機械工作室紹介サイトへ

論文

技術協力

活性炭製造機および簡易製炭窯の製作(泥炭・森林における火災と炭素管理プロジェクト:JST-JICA プロジェクト)

受賞等

平成27年度 教育研究支援業務総長表彰 優秀賞 女池竜二
令和4年度 文部科学大臣表彰 研究支援賞 女池竜二

学内共同利用設備

当室が管理・運用しているワイヤ放電加工機は理学部独自に共用利用設備として設置されております。
ご利用を希望の方は当室職員までお問い合わせください。


アクセス・連絡先

 

メール

meike■sci.hokudai.ac.jp 女池竜二
y-sasaki■sci.hokudai.ac.jp 佐々木康隆
※ ■を@に変えてください

電話

011-706-2662(ダイヤルイン) 2662(内線)

住所

〒060-0810
札幌市北区北10条西8丁目
北海道大学理学部旧極低温液化センター内 機械工作室
※ 元素戦略教育研究センターの看板有り

リンク

北海道大学

理学部関係

他学部・研究所の工作系施設

グローバルファシリティセンター

試作ソリューション部門(学外からのご依頼はこちら)
北海道大学 大学院理学研究院 技術部 機械工作室