新しい技術:乾式研磨法

北海道大学 薄片技術室では、多種多様な依頼に応えられることを目的とした上で、より精度の高い試料調製を目指しており、

国立研究開発法人 産業技術総合研究所で開発された「乾式研磨法による脆弱試料薄片の作製法」の習得に取り組んでおります。

産業技術総合研究所 「乾式研磨法による脆弱試料薄片の作製法」(特許第5633078号)地質試料調製グループ 大和田朗ら

高精度の平面つくりを支える技法のひとつ台座(ゲタ)

高精度の平面つくりを支える技法のひとつ台座(ゲタ)

接着面の出来が薄片の出来を左右します

接着面の完成度が薄片の精度に影響します

 

この新技術は、薄片技術で初めての特許取得技術です。

当技術室は、大学・研究機関で初めての使用権を取得しました。

これからも幅広い研究支援体制の充実に努めます。

 

SiC研磨紙での面出し研磨

SiC研磨紙での面出し研磨

液体を一切使用せずに高精度研磨面を実現した特殊研磨技術

液体を一切使用せずに高精度研磨面を実現した特殊研磨技術

RIMG0466

木片の乾式研磨

粘土試料の乾式研磨

粘土試料の乾式研磨

 

作業工程で水を一切使用せずに試料作製いたします。

試料の膨潤を防ぎ、潤滑液による試料脱落などを防ぎ、高精度の研磨面をつくりだします。

試料を受取ってから完成まで、水に触れずに試料調製を可能としました。

不可能を無くしより高精度に、これからも技術向上に努めていきます。

 

水や溶媒などを一切使用しない乾式研磨は、はやぶさ2帰還試料など有機物や生命の起源の研究に役立つと期待されています。