1.岩石薄片

岩石(加熱の使用可能)な薄片の作製方法

1.岩石の切断

岩石切断機でチップ(幅24mm×高さ32mm×厚さ10mm)に成形します。

岩石切断

岩石切断

岩石チップを整形

岩石チップを成形


2.接着面の研磨

スライドガラスに接着する試料面を研磨します。接着面の研磨が薄片試料の精度を左右します。

面出し 荒研磨 (#GC600)

面出し 粗研磨 (#GC600)

面出し 仕上げ研磨 (#WA1000)

面出し 仕上げ研磨 (#WA1000)


3.接着

研磨した試料とスライドガラスを接着します。試料中の水分(油分)を完全に除去することで、硬化の過程で気泡が生じるのを防ぎます。

もちろん、ガラスと試料の間には気泡の他、不純物が混入しないよう接着します。接着剤の厚さは約0.01mm(10μm)以下です。

接着

接着

接着後

接着後


4.二次切断

自動二次切断機にて厚さ約0.5mm(500μm)に切断します。

試料厚さ0.5mmに切断

試料厚さ0.5mmに切断

二次切断後 厚さ0.5mm

二次切断後 厚さ0.5mm

 


 

5.機械研磨

研磨機による粗研磨(研磨剤GC#600)にて厚さ約50μmほどに研磨によって薄くします。

薄片 機械研磨

薄片 機械研磨

機械研磨2

機械研磨2


6.仕上げ研磨

メノウ板上で均一な試料厚さ(30μm)仕上げます。

仕上げ研磨

仕上げ研磨

仕上げ研磨後

仕上げ研磨後


7.カバーガラスの接着

 調製した天然樹脂(カナダバルサム)にて封入します。試料の保護と乱反射を防ぎ、偏光顕微鏡で観察しやすくすることが目的です。

カバー貼り

カバー貼り


8.完成

岩石薄片の完成です。

薄片(カバー)とチップ

薄片(カバー)とチップ