地下構造研究分野

地下構造研究分野では,地震や火山現象の発生場となっている地下の構造やその時間変化を調べることにより,地震や火山噴火の予測に役立てることを目指しています.最近は,電磁波を利用した地下の電気伝導度構造探査を主要な研究手法として用いていますが,磁気異常構造解析や,地磁気のモニタリング,数値シミュレーションによる地下構造変化のモデリングなど,多様なアプローチで研究に取り組んでいます.

 

令和1年度のメンバー

氏名 学年・職名 主な研究内容
橋本武志 教授 電磁気を利用した地下構造探査・火山活動の研究
井上智裕 D1 MT法による火山の地下比抵抗構造探査
伊藤 凌 M1 胆振東部地震発生域のMTデータ解析
岩間陽太 M1 増毛山地東縁断層帯のMT法比抵抗探査
渋谷桂一 M1 有珠山の地磁気観測・データ解析

最近の卒業生と研究テーマ(卒論・修論)

佐藤彰紀 R01年度修士卒 無人ヘリコプタを用いた空中磁気測量及び3次元磁化構造解析
岩田光義 H29年度修士卒 磁化構造から推定したニセコ火山連峰の地熱系
早川美土里 H29年度修士卒 3次元比抵抗構造モデリングに基づく倶多楽火山の熱水系の考察
岡崎健治 H29年度博士卒 ベイズの推定を用いた屈折法地震探査と速度検層による岩盤弾性波速度の推定精度の向上
菅野倖大朗 H28年度修士卒 人工ニューラルネットワークを用いた地球物理的データによる地下温度推定
岡本理沙 H28年度修士卒 北海道内の活火山における火山ガス観測
奥田真央 H28年度修士卒 独立成分分析による磁場水平成分のノイズ除去と房総半島におけるMT探査への適用
高田将仁 H28年度学部卒 十勝岳62-2火口周辺のMT観測による地下比抵抗構造の推定
三嶋 涉 H27年度修士卒 火山地磁気効果における熱粘性残留磁化の寄与:コア試料と野外観測による検討