北海 道大学理学部生物科学科(生物学)
北海道大学大学院生命科学院生命システム科学コース
北海道大学大学院理学研究院生物科学部門

生殖発生生物学講座 木村研究室







我々は北大理学部生物 と北大生命科学院におい て
マウス 精子形成における転写調節メカニズムを
多機能性ゲノムlong noncoding RNAに焦点をあてて研究し ています。









[メニュー]

最 近の出来事

研 究内容

研 究室構成員

研究室 生活

研 究室の風景

研 究業績

日 本語の文献・記事

連 絡先

リンク




[研究室の概要]

当研究室は2005年11月に立ち上げられ、現在ま でに5名の博士学位取得者をはじめとする多くの優秀な方々を輩出しています。とても小さい研究室ではありますが、所属する学生さんたちは皆やる気に満ち溢 れていま す。我々と一緒に研究を進めてみたいと思った方は気軽にお問い合わせください。

研 究室では哺乳類のゲノム機能に興味を持っており、現在は生殖に関わる遺伝子の転写調節を中心に研究を進めています。特にマウス精子形成における転写調節メカニズムの 解明に力を入れており、多機能性ゲ ノムlong noncoding RNAの機能解析を中心に研究を進めているところです。



上の写真は研究の過程で作成したGFP導入トランスジェニックマウスです。私たちは必要に応じてこのようなマウスを作製して解析しています。

研究テー マの概要は以下の通りです が、より詳しい内容を知りたい方は左のメニューの研究内容をクリックしてください。


テーマ@:マウス精子形成における遺伝子の転写活性化


現在のメインテーマになります。精巣では複雑な過程を経て精子が作 られますが、このうち減数分裂と呼ばれる過程で多くの重要遺伝子が転写活性化することが知られています。私たちは、この減数分裂中の転写活性化について、 一次精母細胞と呼ばれる時期の細胞を中心に研究を進めています。特に多機能性ゲノムであるdual promoter-enhancerlong noncoding RNAの 重要性が明らかになりつつあり、これら2つについて詳細な解析を行っているのです。


上の図はマウス精巣の模式図です。

テーマA: マウス卵巣における転写活性化

私たちは精巣だけでなく卵巣における転写活性化も研究しています。特に卵を取り囲む顆粒膜細胞におけるメカニズムを解析しており、ここでもlong noncoding RNAの 重要性が明らかになりつつあります。

テーマB: 精子形成と胎盤分化におけるプロテアーゼ機能

私たちはさらに、プロテアーゼ(タンパク質分解酵素)の機能解析も行っています。プロテアーゼは生体内のあらゆる現象に関わりますが、精子形成と胎盤分化 における機能はあまりよくわかっていません。私たちはそこを解明しようとしているのです。







Updated on 10/14/2019