What's New?
2016.5.26 ホームページを更新しました!

2014.4.01 科学研究費補助金 新学術領域「こころの時間学 — 現在・過去・未来の起源を求めて —」 公募研究に採択されました!

2012.4.01 科学研究費補助金 新学術領域「予測と意思決定の脳内計算機構の解明による人間理解と応用」 公募研究に採択されました!

2009.10.01 科学技術振興機構(JST)のさきがけ研究(脳情報の解読と制御)に採択されました!


 


システム神経生物学研究室へ ようこそ!

動物は移動,捕食,交配,産卵のほか,多様な行動を示すだけでなく,成長・発達に伴って,あるいは環境に適応して行動を変化させていきます。この柔軟で複雑な行動は,それを支配する脳と神経系の機能によって実現されています。脳・神経機能を明らかにすることは,動物の行動の生物学的背景を知るだけでなく,私たちの心の働きを理解する上でも重要です。

動物の行動を支配する脳・神経系の機能は,発展著しい生命科学の研究対象の中でも,最も複雑で未知な部分の多いものの一つです。その解明の難しさは,構造の複雑さもさることながら,情報処理という脳の機能が,その構成要素である分子や細胞の振る舞いに単純に還元できないという特性にあります。したがって,脳機能を理解するためには,ニューロンとその細胞内分子の相互作用や,神経ネットワークの活動パターンとそれが表現する情報内容との関係など,異なる階層間での要素のシステム構成や動作原理(アーキテクチャ)を明らかにする必要があります。本研究室では,特に細胞〜ネットワークレベルに焦点を絞って,このような脳の「システムアーキテクチャ」を理解することを目指しています。

本研究室の福富又三郎君(修士課程2年)が日本比較生理生化学会の平成27年度原富之賞を受賞しました!

聴覚刺激による気流逃避行動の変化に関する論文(当研究室の修士課程2年,福富又三郎君の研究)
「Auditory modulation of wind-elicited walking behavior in the cricket, Gryllus bimaculatus.」
が The Journal of Experimental Biologyに掲載されました!
詳細はこちら

巨大介在ニューロンの樹状突起興奮性に関する論文(当研究室の修士課程修了生である三谷瑠里子さんの研究)
「Spatial dynamics of action potentials estimated by dendritic Ca2+ signals in insect projection neurons」
が BBRC (Biochemical and Biophysical Research Communications) に掲載されました!
詳細はこちら

方向特異的順応のメカニズムに関する論文
「Direction-specific adaptation in neuronal and behavioral responses of an insect mechanosensory system」
が The Journal of Neuroscience に掲載されました!
詳細はこちら

脳内の気流応答性神経活動のカルシウムイメージングについての論文(当研究室の卒業生である梶田頼子さんの研究)
「Ca2+ imaging of cricket protocerebrum responses to air current stimulation.」
が Neuroscience Lettersに掲載されました!
詳細はこちら

小川が編集・執筆を行った,
Methods in Neuroethological Research
が Springer Japanから出版されました。
詳細はこちら

動物の脳・神経系に興味のある大学4年生,修士課程の皆さん,システム神経生物学研究室で研究してみませんか?

北海道大学大学院生命科学院の入試情報
説明会,募集要項はこちら
*平成28年度の募集は終了しました。

研究プロジェクトについて

科学研究費補助金 新学術領域
「こころの時間学 — 現在・過去・未来の起源を求めて —」 
平成26年度 公募研究 に採択されました!

詳しくはこちら

科学研究費補助金 新学術領域
「予測と意思決定の脳内計算機構の解明による人間理解と応用」 
平成24年度 公募研究 に採択されました!

詳しくはこちら

科学技術振興機構(JST) 戦略的創造科学研究推進事業 
さきがけ研究「脳情報の解読と制御」領域 に採択されました!

詳しくはこちら