細胞の構造

細胞構造



典型的な渦鞭毛藻の形態:CHLOROPLAST(葉緑体),PYRENOID(ピレノイド),EYESPOT(眼点)NUCLEUS(核)T.F.(横鞭毛),L.F.(縦鞭毛)


 渦鞭毛藻類の細胞の外形は種類によって様々であるが共通の特徴として,細胞を1周する横溝(cingulum)とそれとほぼ直角方向に走る縦溝(sulcus)とを有する。横溝の中には横鞭毛(transverse flagellum)が,縦溝の中には細胞後方に向かって縦鞭毛(longitudinal flagellum)が存在する。横溝を境に細胞を上下に分けることが出来る。横溝より上の部分を上錐(epicone)または上殻(epitheca)と呼び,横溝より下の部分を下錐(hypocone)または下殻(hypotheca)と呼ぶ。ここで,上錐と下錐は細胞外被に鎧板をもたない,いわゆる裸の種類に対して用いる術語で,上殻と下殻は鎧板をもつ種類に対して用いる術語である。縦溝の位置する面を腹面,その反対側を背面と呼ぶ。また,細胞の左右は渦鞭毛藻自身にとっての左右で表わす(人体と同じ)。縦鞭毛の伸びる方向の細胞の端を細胞の後端(antapex),その反対側を細胞の前端(apex)と呼ぶ。渦鞭毛藻は前端の方向へ泳ぐのが普通である。核は一般に大きく,細胞質のかなりの部分を占める。この渦鞭毛藻の核は他の生物に見られないいくつかの特徴をもち渦鞭毛藻核(dinokaryotic nucleus)と呼ばれている。



渦鞭毛藻のホームページに戻る