研究室見学

2003年バージョン

ホームページへ戻る



 理学部5号館の南側エレベーターを6Fで降りるとこのような景観が目に飛び込んできます。

 ポスターや標本棚の並ぶ中にある、系統進化2のドアをくぐってみましょう。






 顕微鏡が並ぶこの部屋は主に採集してきた海藻類や微細藻類の形態観察を行うところ。

 光学顕微鏡はもちろん、倒立顕微鏡、蛍光顕微鏡までそろっています。さらに海水濾過まで可能。君もここで知られざる藻類の世界をのぞいてみましょう。


  
 わ、割れていく!








 ここは主にDNAを扱うところ。

 抽出、精製、PCRからシークエンスまで自由自在。さらに電子顕微鏡用の試料作成などもこの部屋で行います。


  
 ポチッとな






 突如、廊下を音もなく現れたひとりの人物・・・。

   

   とっさに正体を隠されてしまいましたが、こんなお茶目な先生と出会うこともできます。






 一階下がって5Fのここは海藻類や微細藻類の培養室

 それぞれの培養株に適した温度、明暗周期、光の強さで心をこめて育てます。そして奥の部屋にはさらに...






 5Fには他にも、標本作製室があります。

 山のようなバケツの中には日本全国のみならず海外からも採集した貴重な海藻が入っています。研究に使った海藻は証拠標本としてSAP標本庫に登録して永久に保管されます。






 少し疲れた時はお茶部屋で一息いれましょう。

 ここは、学生同士ついつい長話になってしまいがちなくつろぎと情報交換の場。最新の雑誌からやたら古いお酒までいろいろなアイテムがあります。






 お茶部屋と直接行き来ができるお隣は系統2の雑誌室です。

 70年以上かけて集められた藻類研究に関する文献がぎっしり。たくさんの先輩たちも同じこの本を読んで勉強していたのですね。




 この研究室はまだまだ奥が深いので、自分の目で確かめに来てください。いつでも大歓迎です。


ホームページへ戻る