数学分野コンテンツ形成に関する記録

<< 数学会出版委員会ワークショップ「日本の数学文献の電子化についてII」 | main | RIMS研究集会「紀要の電子化と周辺の話題」 >>

意見交換会「コンテンツ形成とはなにものか」

意見交換会「コンテンツ形成とはなにものか」
日時: 2006 年 8 月 2 日 (水) 13:00 より
場所: 北海道大学附属図書館4階中会議室にて

      プログラム

13:00-14:45 話題提供 各 15 分から 20 分

  AGROPEDIA へのリポジトリ対応へ向けて 
    林賢紀 (農林水産研究情報センター)

  機関リポジトリのユーザモデル
    入江伸 (慶應メディアセンター)

  HUSCAP の収集方針
    鈴木雅子 (北大附図)

  数学とコンテンツ
    行木孝夫 (北大数学)

  Short Communicationを会場にて募集

15:00-18:00 話題提供を受けた自由討論

この意見交換会は北海道大学附属図書館の協力のもと、科研費基盤(C)企画
調査「数学における仮想研究環境の構築」(課題番号 18634004)から補助を
受けて開催しました。

発表資料をEPrintsで公開しました。

上記研究集会を開いたところ、各所で参加者のblogエントリが立っています。トラックバックが届かなかったところもあり、改めてリンクします。

研究集会のwebにトラックバックという発想は面白いと思い、正式にblogを立ち上げます。幾何学分科会のようにプログラム作成段階からWikiでwebを作りつつ、意見をトラックバックやコメントで受け付けられると便利なのでしょう。発表資料や報告集があれば、適切にIRへ登録するという体制を作りたいものです。恐らくは、この流れを自然に実行するようなツールができればよいのでしょう。なお、本ブログは参加者のネクステック(株)さんが構築している理学サーバシステムの一部です。
研究集会 | - | -