数学分野コンテンツ形成に関する記録

RIMS研究集会「数学におけるデジタルライブラリー構築に向けて」

RIMS研究集会/SPARC Japan セミナー「数学におけるデジタルライブラリー構築へ向けて」
研究代表者 行木孝夫(北海道大学大学院理学研究院)

主催: 京都大学数理解析研究所
共催: 国立情報学研究所 国際学術情報流通基盤整備事業(SPARC Japan)

2010年9月16日 京都大学数理解析研究所111号室

京都市左京区北白川追分町 京都駅から市バス17系統「京大農学部前」下車

仮プログラム

10:30-11:00 オープニング

11:00-11:45
尾城孝一
東京大学附属図書館
「ビッグディールの光と影:電子ジャーナル・コンソーシアム契約の現状と課題」

13:00-13:45
高井 昌彰
北海道大学情報基盤センター
「大学における学術認証基盤の展開」

14:00-14:45
我妻広明
九州工業大学大学院生命体工学研究科脳情報専攻
「脳情報工学における再利用性向上を目指すアーカイブ構築
 〜Dynamic Brain Platformの取り組みの紹介」

15:00-15:45
小山幸伸
京都大学大学院理学研究科附属地磁気世界資料解析センター
「太陽地球系物理学におけるメタデータ・データベースの構築」
研究集会 | comments (0) | trackback (0)

RIMS研究集会「紀要の電子化と周辺の話題」

京都大学数理解析研究所共同利用事業として、下記の通りRIMS研究集会を開催します。

日時: 2008年9月2日から9月3日まで (2日間)
場所: 京都大学数理解析研究所 1階115号室, 京都駅から市バス17系統 京大農学部前 下車
     (京都市左京区北白川追分町 www.kurims.kyoto-u.ac.jp)

共催: 国立情報学研究所 国際学術情報流通基盤整備事業 SPARC JAPN連続セミナー

プログラム

9月2日

13:30- 14:10 「オープンアクセスをめぐる最近の動向」
三根慎二 (名古屋大学附属図書館研究開発室)

14:30- 15:10「Amazon.co.jpのランキングのモデルとロングテールの分析」(参考資料)
服部哲弥 (東北大学大学院理学研究科)

15:30- 16:10「引用統計」
小田忠雄 (東北大学名誉教授)

9月3日
10:00-10:30 「SPARC Japanとコンテンツ事業」
尾城孝一(国立情報学研究所)

10:50-11:20 「国内の数学関連ジャーナル類の発行状況」
行木孝夫(北海道大学大学院理学研究院)

13:30-14:10 「Journal of the Mathematical Society of Japanの電子化における数式」
戸瀬信之 (慶應義塾大学経済学部)

14:30-15:10 「数式検索エンジンの実用化に向けて」(仮題)
橋本英樹 (大阪大学基礎工学研究科)

15:30-16:10 「化学系電子ジャーナルから見た紀要の電子化」
林和弘 (日本化学会)
研究集会 | comments (0) | trackback (1)

RIMS研究集会「紀要の電子化と周辺の話題」

日時: 2007年9月10日から9月11日まで (2日間)
場所: 京都大学数理解析研究所 1階115号室(京都市左京区北白川追分町)
京都駅から市バス17系統 京大農学部前 下車

プログラム
9月10日
14:00-15:00 戸瀬信之(慶應経済)
「インターネット上の講演アーカイブの形成---日本数学会と慶應義塾21世紀COE「統合数理科学」の場合」

15:00-16:00 麻生和彦(東大数理)
「数学関連ビデオアーカイブスの今後の展開 --- 東大数理の新たなる試み」

16:00-16:30 片岡俊幸(国立情報学研究所), 曽根原登(国立情報学研究所), 行木孝夫 (北大理), 山地一禎(国立情報学研究所)
「PDFのタイムスタンプ認証とプレプリントサーバ、電子ジャーナル」

16:30-17:00(S.C.)

9月11日
9:30-10:20 行木孝夫 (北大理)
「国内発行数学ジャーナルの分野別シェア分析」

10:30-11:20 村上祐子 (国立情報学研究所)
「機関リポジトリでの紀要電子化:メリットとデメリット」

13:00-13:50 芳鐘冬樹(大学評価・学位授与機構)
「共著ネットワーク分析について」(仮題)

14:00-14:50 鈴木昌和(九大数理)
「NPO法人によるジャーナルの電子化について」

15:00-15:50 谷藤幹子(物質・材料研究機構)
「材料科学におけるジャーナル出版からセマンテイックWeb実践まで」

16:00-16:50 永井裕子(日本動物学会)
「Zoological Scienceの公開方針」(仮題)

17:00-17:30(S.C.)

旅費の補助が必要な方は研究代表者nami@math.sci.hokudai.ac.jpまで御相談下さい
会場アクセス
研究集会 | - | -

数学ジャーナルの電子化および電子化後における諸問題とその解決に向けて

[2007/01/31]
発表資料
を順次公開しています。


関係諸機関の協力のもとに、数学関連ジャーナルの編集および電子化に関わる情報の共有を目的とするワークショップを下記の要領で開催します。ジャーナル編集担当者から編集委員、教員、図書館職員など、関心のある方はどなたでも御参加下さい。

「数学ジャーナルの電子化および電子化後における諸問題とその解決に向けて」

日時 2007年1月19日(金) 10:00から17:30まで
場所 東京大学数理科学研究科大講義室
京王井の頭線 駒場東大前駅下車(渋谷から各停で二駅目)

主催 北海道大学理学研究院数学部門 東京大学数理科学研究科
共催 日本数学会 国立情報学研究所 京都大学附属図書館
東京大学附属図書館 東京大学情報基盤センター

プログラム

10:00-10:20 経緯と主旨説明

10:20-11:00「NIIの研究成果発信支援」
村上祐子 (国立情報学研究所)

11:10-11:30「Journal of Mathematical Sciences, the University of Tokyo の公開に
ついて」
東京大学情報基盤センター デジタルライブラリ係

11:40-12:00「京都大学数理解析研究所講究録の公開について」
京都大学附属図書館

13:30-14:10「日本数学会の数学文献電子化について」
戸瀬信之 (慶應大)

14:30-15:10「ジャーナルの電子化 -- 東北数学雑誌の場合」
西川青季 (東北大)

15:30-16:10「数学論文誌の電子化に関する技術の現状と将来」
鈴木昌和 (九州大)

16:20-17:30 質疑応答(適宜終了します)


参加旅費の補助を希望する場合は cri@math.sci.hokudai.ac.jp までご相談下さい。国立情報学研究所(NII)のSPARCパートナー誌に関してはNIIから別に御案内が届きます。

このワークショップは科学研究費補助金基盤(C)(企画調査)課題番号18634004によって支援されています。

当日はセンター試験前日にあたるため、正門が閉まっている可能性があります。その場合、次の地図に沿って入構下さい。


utms-map-070119

研究集会 | - | -

数学会出版委員会ワークショップ「日本の数学文献の電子化についてIII」

数学会出版委員会ワークショップ
「日本の数学文献の電子化についてIII」
9月21日(木) 18:00 から 20:00 まで
大阪市立大学杉本キャンパス 全学共通教育棟4階840教室


18:00-18:30 戸瀬信之(慶應経済)
「JMSJの電子化と数学会の取り組み」
18:30-19:00 行木孝夫(北大理)
「北大での数学関係ジャーナル購読状況調査について」
19:00-19:30 小山憲司(予定、国立情報学研究所 開発・事業部コンテンツ課)
「SPARC/JapanとNIIの事業(仮題)」
19:30-20:00
ディスカッション
研究集会 | - | -

RIMS研究集会「紀要の電子化と周辺の話題」

紀要の電子化と周辺の話題

RIMS 研究集会

研究代表者 戸瀬信之 (慶應義塾大学 経済学部)

日時: 2006 年 9 月 5 日 (火) 14:00 から 2006 年 9 月 6 日 (水) 17:00

場所: 京都大学数理解析研究所 1 階 115 号室 京都市左京区北白川追分町 市バス 京大農学部前または北白川下車 (京都駅前より 17 系統)

プログラム

9 月 5 日 (火)

14:00-14:40 行木孝夫 (北大理) 国際会議 CMDE2006 の報告

15:00-15:40 黒田拓 (北大理) MathML に関するライブラリの開発とその応用について

16:00-16:40 桜井雅史 (九大理) SmartDoc と MathML による数式を含む文書作成

9 月 6 日 (水)

10:00-10:20 中川治夫 (京大数理研) (数理解析研究所講究録の電子化について)

10:40-11:00 未定

11:20-12:00 戸瀬信之 (慶應経済) JMSJ の電子化について

14:00-14:40 林 賢紀 (農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波事務所)AGROPEDIA の構築と次世代型 OPAC の開発 -農学総合ポータルサイトの構築へ向けて-

15:00-15:40 永井裕子 (日本動物学会) セルフア−カイビング、購読料、オ−プンアクセス 学術に相応しい情報流通を考える(仮題)

16:00-16:40 池田大輔 (九大情報システム科学研究院)九大附属図書館のユビキタス時 代における図書館サービス構築の取り組み
研究集会 | - | -

意見交換会「コンテンツ形成とはなにものか」

意見交換会「コンテンツ形成とはなにものか」
日時: 2006 年 8 月 2 日 (水) 13:00 より
場所: 北海道大学附属図書館4階中会議室にて

      プログラム

13:00-14:45 話題提供 各 15 分から 20 分

  AGROPEDIA へのリポジトリ対応へ向けて 
    林賢紀 (農林水産研究情報センター)

  機関リポジトリのユーザモデル
    入江伸 (慶應メディアセンター)

  HUSCAP の収集方針
    鈴木雅子 (北大附図)

  数学とコンテンツ
    行木孝夫 (北大数学)

  Short Communicationを会場にて募集

15:00-18:00 話題提供を受けた自由討論

この意見交換会は北海道大学附属図書館の協力のもと、科研費基盤(C)企画
調査「数学における仮想研究環境の構築」(課題番号 18634004)から補助を
受けて開催しました。

発表資料をEPrintsで公開しました。

上記研究集会を開いたところ、各所で参加者のblogエントリが立っています。トラックバックが届かなかったところもあり、改めてリンクします。

研究集会のwebにトラックバックという発想は面白いと思い、正式にblogを立ち上げます。幾何学分科会のようにプログラム作成段階からWikiでwebを作りつつ、意見をトラックバックやコメントで受け付けられると便利なのでしょう。発表資料や報告集があれば、適切にIRへ登録するという体制を作りたいものです。恐らくは、この流れを自然に実行するようなツールができればよいのでしょう。なお、本ブログは参加者のネクステック(株)さんが構築している理学サーバシステムの一部です。
研究集会 | - | -

数学会出版委員会ワークショップ「日本の数学文献の電子化についてII」

日本数学会出版委員会ワークショップ「日本の数学文献の電子化についてII」

日時
    2006年3月28日18:00から20:00まで(日本数学会年会三日目)

場所
    中央大学理工学部(後楽園キャンパス)1号館1225号室

    * 東京メトロ丸ノ内線・南北線『後楽園駅』から徒歩5分
    * 都営三田線・大江戸線『春日駅』から徒歩7分
    * JR総武線『水道橋駅』から徒歩10分

プログラム
    18:00-18:30 尾城孝一(国立情報学研究所)
        機関リポジトリの現状と国立情報学研究所の取り組み

    18:30-18:50 戸瀬信之(日本数学会, 慶應経済)
        Journal of Mathematical Society Japanの電子化

    19:00-19:20 小山憲司(東京大学情報基盤センター)
        機関リポジトリを活用した紀要の公開: 東京大学数理科学研究科
        Journal of Mathematical Sciences, The University of Tokyoを事例として 

    19:20-19:40 麻生和彦(東大数理), 行木孝夫(北大理)
        JDML試験実装

    19:40-20:00 ディスカッション
[2006/03/30] 参加者は数学の方が20名ほど、図書館関係の方が5名ほど、出版印刷関係の方が2名です。
研究集会 | - | -

RIMS研究集会「紀要の電子化と周辺の話題」

紀要の電子化と周辺の話題

研 究 集 会

  京都大学数理解析研究所の共同研究事業の一つとして、下記のように
研究集会を開催しますので、ご案内申し上げます。

研究代表者 戸瀬信之 (慶應大学経済学部)

日時: 2005年7月28日(木) 9:30 より

場所:京都大学数理解析研究所 京都市左京区北白川追分町

プ ロ グ ラ ム

7月28日(木)

9:30-10:00 数学会の電子化に関する取り組みについて
戸瀬信之(慶應大)

10:20-10:50 WDMLに関するワークショップの報告
麻生和彦(東京大)

11:10-11:40 ポータルの試験実装とメタデータ仕様
行木孝夫(北大)

13:10-13:40 東北数学雑誌の電子化とプロジェクト・ユークリッド
西川青季 (東北大)

14:00-14:40  Funkcialaj Ekvaciojの電子化と関連する数学知識処理(MKM)の課題
中川康二 (九大COE),  鈴木昌和 (九大),  高山信毅 (神戸大学)

15:10-15:50 機関リポジトリの構築と運用
杉田茂樹(北海道大学附属図書館)

16:20-
岡山の学会における電子化に関するワークショップ(学会主催)の準備
研究集会 | - | -

RIMS研究集会「電子情報交換に関する最近の話題」

RIMS研究集会

電子情報交換に関する最近の話題

2005年3月10日

研究代表者 行木孝夫

数理ビデオアーカイブスプロジェクトの紹介
麻生和彦(東大数理)

Central Authentication and Authorization Service -- Web Application のための新しい認証システムの試み --
内藤久資(名大多元) 梶田将司(名大情報連携基盤センター)

北大の実験と可能性--メタデータ交換プロトコルOAI-PMHに準拠したe-printサーバ構築
行木孝夫(北大理) 畠山元彦(北大理)

幾何学分科会における情報の共有化について
濱田龍義(福岡大理)
研究集会 | comments (0) | trackback (0)
1/1