北海道大学大学院理学研究院 化学部門 構造化学研究室 景山義之

化学反応過程と自己組織化 Systems Chemistry

グループ責任者

  景山 義之

生年月日・出生地

昭和52年11月15日 (広島市)

学  歴

平成13年(2001年)3月
 東京大学教養学部基礎科学科
 物性科学分科 卒業
平成15年(2003年)3月
 東京大学大学院総合文化研究科
 広域科学専攻相関基礎科学系
 修士課程修了
平成18年(2006年)3月
 東京大学大学院総合文化研究科
 広域科学専攻相関基礎科学系
 博士課程修了
 学位:博士(学術)
(指導教員:村田滋)

職  歴

平成18年(2006年)4月~平成19年3月
 東京大学研究拠点形成研究員
 大学院総合文化研究科 菅原正教授
平成19年(2007年)4月~平成21年3月
 東京理科大学ポストドクトラル研究員
 薬学部生物有機化学研究室 青木伸教授
平成21年(2009年)4月~令和3年(2021年)3月
 北海道大学大学院理学研究院化学部門
 助教
 液体化学研究室 武田定教授
平成25年(2013年)10月~平成29年(2017年)3月
 JST戦略的研究創造事業
 さきがけ研究員(兼任)
 分子技術と新機能創出 加藤隆史総括
令和3年(2021年)4月~現在
 北海道大学大学院理学研究院化学部門
 助教
 構造化学研究室 石森浩一郎教授

専門分野

超分子有機化学・有機反応化学・物理有機化学

研究グループについて

2020年度までは液体化学研究室内のグループとして研究を進めてきました。液体化学研究室教授の退職を機に、2021年度からは構造化学研究室付きのグループとして研究を進めています。

研究グループの構成員 (2022年度)

 景山義之 (助教, PI)
 棚田法男 (学術研究員)
 松浦真紀子(技術補助員)
 梁 暁楓 (技術補助員)
 横田利江子(技術補助員)
 木村真琴人(技術補助員)

 私たちの研究グループは、教授不在のグループであることから、学生の新規配属はない予定となっています。そのため、博士研究員・研究支援員を中心としたグループへと構成をシフトさせています。なお、アルバイト(短期支援員)として学生さんが研究に協力して頂くことは可能です(クラス担任や学科長などからの許可が必要です)。
 分野横断型の研究を行っていることから、様々なバックグラウンド有する研究者の参画を歓迎しています。もちろん、異分野に対してオープンマインドな方を歓迎します。博士研究員は、プロジェクトによる雇用なので、研究テーマは指定しますが、できるだけ研究者自身の独創性を活かしてもらえるよう努めています。
 2022年度に働いて頂ける実験系の技術補助員または学術研究員を募集しています。関心をお持ちの方はご連絡ください。

担当講義

研究資金

Go to PAGE TOP