カテゴリー別アーカイブ: 未分類

地下構造研究分野

地下構造研究分野では,地震や火山現象の発生場となっている地下の構造やその時間変化を調べることにより,地震や火山噴火の予測に役立てることを目指しています.最近は,電磁波を利用した地下の電気伝導度構造探査を主要な研究手法として用いていますが,磁気異常構造解析や,地磁気のモニタリング,数値シミュレーションによる地下構造変化のモデリングなど,多様なアプローチで研究に取り組んでいます.

 

平成28年度のメンバー

氏名 学年・職名 主な研究内容
橋本武志 教授 電磁気を利用した地下構造探査・火山活動の研究
茂木 透 研究員 電磁法物理探査
Abd Allah Sabry PD研究員 人工電磁法による地下構造モデリング
岩田光義 M2 空中磁気測量データ解析による火山の磁化構造推定
早川美土里 M2 MT法を用いた地下構造モデリング
佐藤彰紀 M1 ドローンによる空中磁気測量システムの開発