Global Seismology Hokkaido University

お知らせ

2023年04月04日

北海道大学大学院理学研究院地球惑星科学部門・地球惑星ダイナミクス分野では,地震学関連の准教授または講師(1名)を公募しています.(2023/6/30:公募終了)

2023年04月01日

研究室メンバーのページを更新しました.

 

2023年03月17日

蓬田特任教授のご退職を記念した研究集会・最終講義が行われました.
    蓬田清先生のご退職を記念した研究集会・最終講義のページ

2023年02月14日【論文発表】

吉澤教授の共著論文がJournal of Geophysical Research (Solid Earth)誌に掲載されました.
  1. Ai, S., Akuhara, T., Morishige, M., Yoshizawa, K., Shinohara, M. and Nakahigashi, K. (2023), Layered evolution of the oceanic lithosphere beneath the Japan Basin, the Sea of Japan, J. Geophys. Res. Solid Earth, 128, e2022JB025581. https://doi.org/10.1029/2022jb025581

2023年01月13日【論文発表,プレスリリース】

垂水さん(DC1)と吉澤准教授の論文がEarth and Planetary Science Letters誌に掲載され,プレスリリースされました.
  1. Tarumi, K. and Yoshizawa, K. (2023), Eruption sequence of the 2022 Hunga Tonga-Hunga Ha'apai explosion from back-projection of teleseismic P waves, Earth Planet. Sci. Lett. 602, 117966. https://doi.org/10.1016/j.epsl.2022.117966
  2. 【プレスリリース】

2022年11月14日

      Debasis Mohanty博士(日本学術振興会外国人特別研究員)が着任しました.

2022年【論文発表】

吉澤准教授の共著論文が発表されました.
  1. Tang, Q., Sun, W., Yoshizawa, K. and Fu, L.-Y. (2022), Anomalous radial anisotropy and its implications for upper mantle dynamics beneath South China from multimode surface wave tomography, J. Geophys. Res.: Solid Earth, in press. https://doi:10.1029/2021JB023485
  2. Brown, M.G., Lin, G., Matsuzawa, H. and Yoshizawa, K. (2022), Recovery of Love wave overtone waveforms and dispersion curves from single-station seismograms using time-warping, Geophys. J. Int., 230(1), 70-83. https://doi.org/10.1093/gji/ggac048

2022年【論文発表】

水谷さん(D3)と蓬田教授の論文が発表されました.
  1. Mizutani, A. and Yomogida, K. (2022), Back-Projection Imaging of a Tsunami Excitation Area With Ocean-Bottom Pressure Gauge Array Data, J. Geophys. Res.: Oceans, 127, e2022JC018480. https://doi.org/10.1029/2022JC018480

2022年【論文発表】

蓬田教授の共著論文が発表されました.
  1. Fukushima, S., Shinohara, M., Nishida, K., Takeo, A., Yamada, T. and Yomogida, K. (2022), Detailed S-wave velocity structure of sediment and crust off Sanriku, Japan by a new analysis method for distributed acoustic sensing data using a seafloor cable and seismic interferometry, Earth Planets Space, 74, 92. https://doi.org/10.1186/s40623-022-01652-z
  2. Tonegawa, T., Takemura, S., Yabe, S. and Yomogida, K. (2022). Fluid migration before and during slow earthquakes in the shallow Nankai subduction zone. J. Geophys. Res.: Solid Earth, 127, e2021JB023583. https://doi.org/10.1029/2021JB023583

2022年07月01日【受賞】

垂水さん(D1)が,理学院優秀研究奨励賞を受賞しました.

 

2021年11月30日【受賞】

水谷さん(D2)が,日本地震学会の学生優秀発表賞を受賞しました.
日本地震学会の紹介ページ:
 2021年日本地震学会学生発表賞選考結果
受賞対象発表:
 水谷歩蓬田清 (2021),S-net海底水圧記録を用いたバックプロジェクション法による津波波源の推定, 日本地震学会2021季大会(オンライン).

 


 

2021年05月25日【論文発表,プレスリリース】

吉澤准教授の共著論文がCommunications Earth & Environment誌に掲載され,プレスリリースされました.
  1. Isse, T., Suetsugu, D., Ishikawa, A., Shiobara, H., Sugioka, H., Ito, A., Kawano, Y., Yoshizawa, K., Ishihara, Y., Tanaka, S., Obayashi, M., Tonegawa, T. and Yoshimitsu, J. (2021), Seismic evidence for a thermochemical mantle plume underplating the lithosphere of the Ontong Java Plateau, Commun. Earth. Environ. 2, 98. https://doi.org/10.1038/s43247-021-00169-9
  2. 【プレスリリース】

2021年02月02日【論文発表】

蓬田教授の共著論文がEarth, Planets and Space誌に掲載されました.
  1. Shiina, T., Katsumata, K., Yomogida, K. and Kato, A. (2021), Attenuation contrast in mantle wedge across the volcanic front of northeastern Japan that controls propagations of high-frequency S-wave later phases, Earth Planets Space, doi:10.1186/s40623-021-01361-z
  2. Ogiso, M. and Yomogida, K. (2021), Estimation of relative source locations from seismic amplitude: application to earthquakes and tremors at Meakandake volcano, eastern Hokkaido, Japan, Earth Planets Space, doi:10.1186/s40623-021-01366-8

2020年11月30日【論文発表】

吉澤准教授の共著論文(オンライン版)がAnnual Review of Earth and Planetary Sciences誌に掲載されました.
  1. Yoshida, M., and Yoshizawa, K. (2021), Continental Drift with Deep Cratonic Roots, Ann. Rev. Earth Planet. Sci., in press, doi:10.1146/annurev-earth-091620-113028.

2020年11月20日【学生】

西村祐香さん(DC1)が第62次南極観測越冬隊員(地圏モニタリング担当)として,南極に出発しました.
  1. 極地研究所・南極観測のHP

2020年10月24日【論文発表】

吉澤准教授の共著論文がTectonophysics誌に掲載されました.
  1. Yoshida, M., Saito, S and Yoshizawa, K. (2020), Dynamics of continental lithosphere extension and passive continental rifting from numerical experiments of visco-elasto-plastic thermo-chemical convection in 2-D Cartesian geometry, Tectonophys., 796:228659, doi:10.1016/j.tecto.2020.228659.

2020年09月21日【論文発表】

平さん(MC修了生)と吉澤准教授の論文がGeophysical Journal International誌に掲載されました.
  1. Taira, T. and Yoshizawa, K. (2020), Upper mantle discontinuities beneath Australia from transdimensional Bayesian inversions using multi-mode surface waves and receiver functions, Geophys. J. Int., 223(3), 2085-2100, doi:10.1093/gji/ggaa442.

2020年08月11日【論文発表】

水谷さん(DC1)と蓬田教授の共著論文がJournal of Geohysical Research: Ocean誌に掲載されました.
  1. Mizutani, A., Yomogida, K. and Tanioka, Y. (2020), Early Tsunami Detection With Near‐Fault Ocean‐Bottom Pressure Gauge Records Based on the Comparison With Seismic Data, J. Geophys. Res.:Oceans, 125, e2020JC016275, doi:10.1029/2020JC016275.

2020年05月16日【論文発表】

吉澤准教授の共著論文がTectonophysics誌に掲載されました.
  1. Yoshida, M., Saito, S and Yoshizawa, K. (2020), Possible tectonic patterns along the eastern margin of Gondwanaland from numerical studies of mantle convection, Tectonophys., 787:228476, doi:10.1016/j.tecto.2020.228476.

2020年04月01日

研究室メンバーのページを更新しました.

 

2019年07月10日【受賞】

水谷さん(M2)が,JpGU(日本地球惑星科学連合)の学生優秀発表賞を受賞しました.
JpGUの紹介ページ:
 日本地球惑星科学連合2019年大会 学生優秀発表賞受賞者
受賞対象発表:
水谷歩,蓬田清 (2019), 海底断層近傍におけるDONET水圧記録と強震加速度記録の比較,日本地球惑星科学連合大会2018,千葉県幕張市.

 


 

2019年04月02日

研究室メンバーのページを更新しました.

 

2019年03月27日【論文発表】

松澤さん(D2)と吉澤准教授の論文がGeophysical Journal International誌に掲載されました.
  1. Matsuzawa, K. and Yoshizawa, K. (2019)
    Array-based analysis of multi-mode surface waves: Application to phase speed measurements and modal waveform decomposition, Geophys. J. Int., ggz153, https://doi.org/10.1093/gji/ggz153

2019年01月22日【論文発表】

吉澤准教授の共著論文がEarth and Planetary Science Letters誌に掲載されました.
  1. Isse, K., Kawakatsu, H., Yoshizawa, K., Takeo, H. Shiobara, H. Sugioka, A. Ito, D. Suetsugu, and D. Reymond (2019)
    Surface wave tomography for the Pacific Ocean incorporating seafloor seismic observations and plate thermal evolution, Earth Planet. Sci. Lett., 510, 116–130, doi:10.1016/j.epsl.2018.12.033.

2018年07月10日【受賞】

松澤さん(D1)が,JpGU(日本地球惑星科学連合)の学生優秀発表賞を受賞しました.
JpGUの紹介ページ:
 日本地球惑星科学連合2018年大会 学生優秀発表賞受賞者
受賞対象発表:
 Matsuzawa, H. and Yoshizawa, K. (2018), Phase speed and arrival angle measurements of multi-mode surface waves with array-based analysis, JpGU Meeting 2018, Makuhari, Chiba.
(アレイ解析によるマルチモード表面波の位相速度及び到達角度の計測)

 


 

 

2018年05月30日【受賞】

松澤さん(D1)が,理学院優秀研究奨励賞を受賞しました.
本賞は,本学の大学院理学院で優れた研究を行っている博士課程の院生を表彰するために新設された制度で,第一回目の受賞者13名の一人として,当研究室の松澤仁志さん(学振研究員DC1)が受賞しました.

 


 

2018年03月23日【受賞】

都筑さん(D3),蓬田教授の共著論文が,日本地震学会論文賞を受賞しました.
日本地震学会の紹介ページ:
 2017年度日本地震学会論文賞
受賞対象論文:
 都筑 基博, 小山 順二, Aditya R. GUSMAN, 蓬田 清 (2016),1906年Ecuador·Colombia巨大地震の地震および津波規模の再評価, 地震第2輯v.69, p.87-98.

 

2018年03月22日【受賞】

平さん(B4)が,理学部同窓会賞を受賞しました.

 


 

2017年11月30日【受賞】

奥山さん(M1)が,日本地震学会の学生優秀発表賞を受賞しました.
日本地震学会の紹介ページ:
 2017年日本地震学会学生発表賞選考結果
受賞対象発表:
 奥山秀弥吉澤和範,川勝均 (2017),新しい異方性パラメータη_κの表面波位相度インバージョンへの影響, 日本地震学会2017季大会,かごしま県民交流センター,鹿児島市.

 


 

2017年10月16日【学振】

松澤さん(M2)が,日本学術振興会・特別研究員(DC1)に採用内定されました.

 

2017年9月25日

Kuria Ginboiさんが,修士(理学)の学位を取得しました.
Ginboi, K. (2017), Inter-event phase speed analysis for regional surface wave tomography: Application to the southwestern Pacific, M.Sc. Thesis, Hokkaido University

 

2017年07月12日【論文発表】

吉澤准教授の共著論文がTectonophysics誌に掲載されました.
  1. Kennett, B. L. N., Yoshizawa, K. and Furumura T. (2017)
    Interactions of multi-scale heterogeneity in the lithosphere: Australia, Tectonophysics, 717, 193-213, doi:10.1016/j.tecto.2017.07.009.

2017年05月20日【招待講演】

吉澤准教授がJpGU-AGU Joint Meetingにて招待講演を行いました.
  1. Yoshizawa, K., A seismological constraint on the asthenosphere: mapping radial anisotropy with multi-mode surface waves, JpGU-AGU Joint Meeting 2017, Makuhari Messe, Chiba, Japan.

2017年3月23日

浜田広太さんが,博士(理学)の学位を取得しました.
Kouta Hamada (2017),High Resolution Mapping of the Upper Mantle Using Interstation Phase and Amplitude Data of Surface Waves, Ph.D. thesis, Hokkaido University

 

成田涼さんが,修士(理学)の学位を取得しました.
成田涼 (2017),複数アレイを用いた表面波二点解析による 日本海下の上部マントル 3 次元構造,修士論文,北海道大学

 

2016年11月11日【受賞】

松澤さん(M1)が,日本地震学会の学生優秀発表賞を受賞しました.
日本地震学会の紹介ページ:
 2016年日本地震学会学生発表賞選考結果
受賞対象発表:
 松澤仁志吉澤和範 (2016),アレイ解析によるマルチモード表面波の位相速度計測, 日本地震学会2016年秋季大会,名古屋国際会議場.

 


 

2016年07月14日【受賞】

浜田さん(D3)が,JpGU(日本地球惑星科学連合)の学生優秀発表賞を受賞しました.
JpGUの紹介ページ:
 日本地球惑星科学連合2016年大会 学生優秀発表賞受賞者
受賞対象発表:
 Hamada, K. and Yoshizawa, K. (2016), 3D shear wave structure in the North American upper mantle from interstation phase and ampliutde data of surface waves, JpGU Meeting 2016, Makuhari, Chiba.
(2観測点間の表面波位相・振幅データを用いた北米大陸上部マントルの3次元構造)

 

 

2015年12月15日【招待講演】

吉澤准教授がAGU Fall Meetingにて招待講演を行いました.
  1. Yoshizawa, K. and Kennett, B.L.N., Lithosphere-Asthenosphere Transition, Mid-Lithosphere Discontinuity and Radial Anisotropy from Multi-mode Surface Wave Tomography, American Geophysical Union Fall Meeting 2015, Moscone Convention Center, San Francisco, USA.

2015年11月12日【受賞】

浜田さん(D2)が,Geophysical Journal International誌のStudent Author Award for the best papersを受賞しました.
GJI誌による紹介ページ:
 http://www.oxfordjournals.com/our_journals/gji/resource/outstanding_reviewers.html
英国王立天文学会(RAS)による紹介ページ:
 https://www.ras.org.uk/news-and-press/2761-gji-2015-student-author-award-winners
受賞対象論文:
 Hamada, K. and Yoshizawa, K. (2015), Interstation phase speed and amplitude measurements of surface waves with nonlinear waveform fitting: application to USArray, Geophys. J. Int., 202, 35-54.

 


2015年09月29日

研究室メンバーのページを更新しました.

 

2015年07月09日【論文発表】

浜田さん(D2)と吉澤准教授の論文がGeophysical Journal International誌に掲載されました.
  1. Hamada, K. and Yoshizawa, K. (2015)
    Interstation phase speed and amplitude measurements of surface waves with nonlinear waveform fitting: application to USArray, Geophys. J. Int., 202, 35-54, doi:10.1093/gji/ggv213.

2015年05月28日【論文発表】

吉澤准教授の論文がGeophysical Research Letters誌に掲載されました.
  1. Yoshizawa, K. and Kennett, B.L.N. (2015)
    The lithosphere-asthenosphere transition and radial anisotropy beneath the Australian continent, Geophys. Res. Lett., 42, 3839-3846, doi:10.1002/2015GL063845.

2015年04月27日【論文発表】

蓬田教授の共著論文がJournal of Volcanology and Geothermal Research誌に掲載されました.
  1. Ogiso, M., and Yomogida, K. (2015)
    Estimation of locations and migration of debris flows on Izu-Oshima Island, Japan, on 16 October 2013 by the distribution of high frequency seismic amplitudes, J. Volcanol. Geoth. Res., 298, 15–26.

2015年04月03日

研究室メンバーのページを更新しました.

 

2014年08月27日

2014年08月04日【招待講演】

吉澤准教授がSEDI Symposiumにて招待講演を行いました.
  1. Yoshizawa, K. and Kennett, B.L.N., Mapping the upper mantle with multi-mode surface waves: Lithosphere-ashtenosphere transition and radial anisotropy, The 14th International Symposium on Study of the Earth's Deep Interior, the Shonan Village Center, Kanagawa, Japan.

2014年08月01日【論文発表】

吉澤准教授の論文がPhysics of the Earth and Planetary Interiors誌に掲載されました.
  1. Yoshizawa, K. (2014)
    Radially anisotropic 3-D shear wave structure of the Australian lithosphere and asthenosphere from multi-mode surface waves, Phys. Earth Planet. Inter., 235, 33-48.

2014年07月30日【招待講演】

吉澤准教授がAOGS Meetingにて招待講演を行いました.
  1. Yoshizawa, K. and Kennett, B.L.N., The Lithosphere-Asthenosphere Transition and Radial Anisotropy Beneath Australian Continent, Asia and Oceania Geoscieces Society 11th Annual Meeting, Royton Sapporo Hotel, Japan.

2014年07月30日【学会発表】

浜田さん(博士1年)がAOGS Meetingにて講演を行いました.
  1. Hamada, K. and Yoshizawa, K., Inter-station phase and amplitude measurements of surface waves for high-resolution regional-scale tomography in North America, Asia and Oceania Geoscieces Society 11th Annual Meeting, Royton Sapporo Hotel, Japan.

2014年07月【論文発表】

竹尾研究員の論文がGeophysical Journal International誌に掲載されました.
  1. Takeo, A., Forsyth, D.W., Weeraratne, D.S. and Nishida, K. (2014), Estimation of azimuthal anisotropy in the NW Pacific from seismic ambient noise in seafloor records, Geophys. J. Int., 199 (1): 11-22. doi: 10.1093/gji/ggu240

2014年04月1日

  • 竹尾明子博士(日本学術振興会特別研究員)が着任しました.
  • 研究室ホームページをリニューアルしました.
  • 内部専用ページ

ページの先頭へ

Copyright 2014 北海道大学 大学院理学院 自然史科学専攻 地球惑星ダイナミクス講座 地震学研究室