研究概要

私たちの研究室では、陸上植物を材料に、遺伝学・分子生物学などの手法を用いて生物がどのように生きているかを研究しています。生物学の究極の目的は人を知ることであるとしばしば言われます。しかし動物の生命を支えているのは植物です。動物と植物には色々な共通点がある反面、遙か昔から、異なった生存戦略も発達させてきています。当たり前に見過ごしてしまう植物がどの様にして生きているのか、その秘密の一端を知るのも魅力あることだと思います。植物を材料としていますが、植物・動物に関わらない生物全体に関係する生命現象を解析できればと考えています。興味のある方はE-mail等で連絡して下さい。研究室への来訪など歓迎致します。

トピックス

一覧へ
4年生2名が卒業研究ポスター発表会で発表し、ポスター賞を受賞しました。(2018年2月2日)
鳥取大学乾燥地研究センターで行われた共同研究成果発表会で発表しました。(2017年12月2日)
東京大学で行われた日本食品免疫学会で招待講演しました。jafi2017poster(2017年11月29日)
さきがけ終了領域会議を北大理学部大講堂で開催しました。(2017年10月4日)
研究生の杜さんが研究室の新メンバーに加わりました。(2017年9月26日)
国立遺伝学研究所で行われたTHE PLANT EPIGENETICS CONSORTIUM IN JAPAN- SECOND MEETINGで発表しました。(2017年9月7日)
北海道大学オープンキャンパスの公開講座で講演しました。 (2017年8月6日)
東京大学農学部で行われた新学術領域「環境記憶統合」第5回領域会議に参加しました。(2017年7月18日)

フォトギャラリー

2018年ラボスキーinルスツリゾート

イベントの様子

  • 今年のラボスキーはOB,OGが遠くからも参加してくれ、ルスツリゾートにいってきました。一つ屋根の下19名用のログハウスに宿泊。初日は大雪、2日目は朝は雪、午後から晴れました。北海道ならではの新雪を堪能しました!2018.1.21-22
  • 卒業生の結婚式に参加しました。2018.1.9
  • 2017年の夏のラボ旅行はニセコに行ってきました。1日目は小樽に立ち寄りました。宿泊は昨年に引き続きニセコひらふ泉郷。OBやOGの皆さんと共にログハウスに泊まり夜はBBQや花火で楽しみました。2017.8.25-26