プロジェクト

現行の研究プロジェクト

当センターは「災害の軽減に貢献するための地震火山観測研究計画(第2次)」(平成31年度~令和5年度)を推進する観測研究拠点となっています。

課題 (当センター研究者が代表となっているもの)

課題番号 課題名 研究代表者名
HKD_01 津波堆積物情報の高度化と実践的活用に関する研究 西村裕一
HKD_04 電磁気・熱・ガス観測に基づく火山活動推移モデルの構築 橋本武志
HKD_05 巨大地震に伴う海底斜面崩壊による津波の事前評価・即時予測に関する研究 谷岡勇市郎
HKD_06 火山活動即時解析表示システムの開発 橋本武志
HKD_08 地殻変動等多項目データの全国流通一元化公開解析システムの高度化 高橋浩晃
HKD_09 千島海溝沿いの巨大地震津波災害軽減に向けた総合研究 高橋浩晃

 

過去の研究プロジェクト

平成26年度~平成30年度「災害の軽減に貢献するための地震火山観測研究計画」

課題 (当センター研究者が代表となっているもの)

課題番号 課題名 研究代表者名
1002 北海道沖低頻度大規模地震の総合的理解とそのモニタリングへの基礎的研究 谷岡勇市郎
1003 多項目観測に基づく火山熱水系の構造の時間空間変化の把握と異常現象の検知 橋本武志
1005 津波浸水域の即時予測手法開発のための研究 谷岡勇市郎
1006 地理空間情報の総合的活用による災害に対する社会的脆弱性克服のための基礎研究 谷岡勇市郎
1007 地穀変動等多項目観測データ全国リアルタイム流通一元化解析システムの開発 高橋浩晃
1008 Lバンド航空機SARによる革新的火山観測手法の開発 村上亮
1009 準リアルタイム火山情報表示システムの開発 大島弘光